Randy Brecker

Akio Sasajima-Randy Brecker Quartet

大地震で被災された方に心よりお見舞い申し上げます

楽しみにされていた皆様の為にも、ランディー・ブレッカーのライブは9月8日、9日とすべて予定通り実施致しました。全公演ソウルドアウト!心より満員御礼申し上げます。


◆ありがとうございました!
RANDY BRECKER の“D-BOP”ライブ2日前に超大型台風が襲来し、前日には北海道で震度7という大地震の中、4公演とも満員御礼というあたたかいお客さんに恵まれて無事ライブが終了しました。ワークショップではブレッカーサウンドの秘密の一端を聞くことが出来、また、技術的なことも教われた素晴らしいものでした。お客様はもちろん、関係したすべての方に心よりお礼もうしげます。

2018.9.10
札幌“D-BOP”JAZZ CLUB
“D-BOP”RECORDs
代表 松浦 宏治


“D-BOP”RECORDs
レーベル設立第1弾!世界№1トランぺッター「ランディー・ブレッカー」参加のアルバムが完成!
ブレッカーブラザースをはじめとして世界を席巻し続けるランディーが、札幌が誇るGuitarレジェンド笹島明夫のNewアルバムに参加。“D-BOP”RECORDsレーベル第1弾として発売決定!


先行予約、販売受付中!
2018年9月1日発売予定
定価:¥3,000-(税引本体価格¥2,778)
ご予約・販売は下記“D-BOP”RECORDsサイトにて受付中。

 


“D-Bop”Break News!


10月、11月は連続してあのGene Jacksonが札幌“D-BOP”JAZZ CLUBに登場!必見のライブが盛りだくさんです

【2018年10月26日金曜日】

ハービー・ハンコックトリオを8年間支えた名ドラマー「Gene Jackson」が札幌“D-BOP”JAZZ CLUBにて再演!ランディー・ブレッカー日本ツアーにも参加し最高の評価を得た名ベーシスト「日景修」も来札する最高のライブが実現。ジーン・ジャクソンLIVE AT 札幌“D-BOP”JAZZ CLUB2Days!

 

▶笹島明夫・Gene Jackson Quintet

Open 19:30 Start 20:00

LC:¥4,000-/高校生以下¥3,000-(各要Order)

 

Member:

Gene Jackson(ds)From東京

笹島明夫(g)

酒本廣継(tb)

安斎亨(p)

日景修(b)From名古屋 

 

▽Gene Jackson

ジーン・ジャクソン Drums

ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。ドラマーになるべく、1979年にボストンのバークリー音楽大学へ進学。Jeff "Tain" WattsとLenora Helmの推薦で、Kevin Eubanksのバンドに参加。1987年にNew Yorkへ移り、Kevinとの共演も続けながらプロドラマーとしてのキャリアを積み重ねていく。1988年ごろから自己の活動を開始し、ジャズフェスティバル、ツアー、レコーディング等、数多くのプロジェクトに携わる。1991年からはTerri Lynne Carringtonの推薦で"Herbie Hancock & Wayne Shorter Quartet"に参加、1993年から2000年までHerbie Hancock Trio, Quartetに在籍し、世界中をツアー(1995〜1998にはDave Hollandが参加)。また、演奏活動の他New Yorkの「クイーンズ・カレッジ・アーロン・コープランド・スクール・オブ・ミュージック」や、各国でのクリニックやワークショップ等で指導にも力を注いでいる。近年では度々日本を訪れ、つのだひろ氏と親交を深めWild Music School "Summer Drum School"でのワークショップにも参加。たいへん親日家で、日本全国に於いても多くのファンを獲得している。

 


【2018年11月8日木曜日】

日本の老舗ジャズクラブ「Body&Soul」が新たに立ち上げたレーベル”BS Jazz Support”。第2弾として今年5月にリリースされた、レイモンドマクモーリンカルテットによるCD”All of A Sudden”発売記念ツアーです。ピアノに今もっとも日本で注目される片倉真由子、渡辺貞夫バンドのベーシスト粟谷巧、そして、ハービー・ハンコックトリオのレギュラーを8年間務めたグレートドラマー、ジーン・ジャクソンという超豪華メンバーによるストレートアヘッドなジャズをお聞き逃しなく!!

 

▶Raymond McMorrin Quartet Live At “D-BOP”JAZZ CLUB~レイモンド・マクモーリン カルテット ニューアルバム発売記念北海道ツアー2018'~

OPEN19:30/START20:00

MC:予約¥4,500-(当日500up)※要ORDER

 

Member:

Raymond McMorrin TenorSax From Tokyo

片倉真由子 Piano From Tokyo

粟谷巧 Bass

Gene Jackson Drums From Tokyo

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽Raymond McMorrin Sax

11歳からテナーサックスを始め、主にニューヨーク、コネチカット州を拠点に活動。

1997年ペンシルバニア州フィラデルフィア芸術大学ジャズ科に入学>

1999年にはコネチカット州ハートフォード大学に転校し、アルトサックス奏者のジャッキー•マクリーンが設立したジャズ専攻科にてジャッキー•マクリーンと出会い、師弟関係となり師事する。2004年4月にはニューヨークのブルーノートにピアニストのホレスシルバーのライブメンバーとして出演する。

2005年に来日、活動の拠点を東京に移す。

以降、ハンク•ジョーンズ、トミー•キャンベル、フランク•ゴードン、ティファニー, 井上洋介、井上功一、井上祐一、今泉総之輔、大坂昌彦、日野皓正、吉澤はじめなどの国内外の才能豊かなアーティストとの共演の機会に恵まれる。レイモンドのプレイはソニー•ロリンズやジョン•コルトレーン、ジョー•ヘンダーソンを彷彿とさせる 音色を持ちながら自由かつ前衛的なフレージングが特徴。ジャズテナーサックスのトラディショナルとモダンが融合したユニークなスタイルで注目を集めている。

 

・・・・・・・・・・・・

 ▽片倉真由子 Piano

宮城県仙台市出身。両親共にプロのジャズミュージシャンであり、幼少よりジャズを聴いて育つ。洗足学 園短期大学入学と同時にジャズピアノに転向、ピアノを今泉正明氏に師事。同大学を首席で卒業後、200 2年、バークリー音楽大学より奨学金を受け、入学する。在学中より、ボストン市内のライブハウスで、 クリスチャンスコット, デイヴサントロらと演奏を重ねる。2004年、piano achievement awardを受理し卒業する。卒業後は、ディックオーツ, ジェリーバーガンジーらと演奏を重ね、また、2004 年8月に行われたLitchfield Jazz Festivalに、デイヴサントロトリオのピアニストとして出演す る。2005年9月、ジュリアード音楽院入学。ピアノをケニーバロンに、アンサンブルをカール アレン, ベンウォルフに師事。

在学中より、ハンクジョーンズ, ドナルドハリソン, カールアレン, ベ ンウォルフ, エディーヘンダーソン, ビクターゴーインズ ,ドミニクファリナッチらと共演する。2 006年、Mary Lou Williams Women In Jazz Piano Competitionで優勝し、翌年5月に、同 ジャズフェスティバルに自己のトリオを率いて出演する。また、2006年9月に開催された Thelonious Monk International Jazz Piano Competitionのセミファイナリストに選ばれる。2008年に帰国後は、ジュリアードジャズオールスターズの一員として、カールアレン、ロンブレイクらと共に韓国、日本でのワークショップやコンサートを行う。また、ジャパンジャズオールス ターズの一員として韓国、釡山でのジャズフェスティバルに参加したり、ブルーノート東京でのブランフォードマルサリスカルテットのピアニストとして参加、ラヴィコルトレーンカルテットへの参加、ピーターワシントン、ケニーワシントンとの共演など活動は多岐にわたる。 現在は自己のトリオ、クインテットをはじめ、山口真文カルテット、伊藤君子グループ、竹内直カ ルテット、土岐英史グループ、北川潔トリオなどのメンバーとして活動中。

2009年9月には、リー ダーアルバム「インスピレーション」をリリース。第43回スイングジャーナル社主催の「ジャズ ディスク大賞」において、ニュースター賞を受賞。2010年9月、セカンドアルバム「フェイ ス」をリリース。今秋、自身3枚目のリーダーアルバム「The Echoes Of Three」を55 

RECORDSよりリリース。洗足学園大学非常勤講師。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 ▽粟谷巧 Bass

1985年7月20日北海道北見市生まれ。

2005年から札幌で活動を開始。

来札後直ぐに福居良の店「スローボート」で、当時15歳の竹村一哲(ds)とのヤング・トリオとして研鑽。

2010年:ベニー・グリーン(p)、グレゴリー・ハッチンソン(ds)のトリオで全国

ツアー。

2013年:菅野義孝(g)のライヴ盤『ジャズ・ギター2』(What' New)に参加。

2013年:渡辺貞夫監修、道内初のプロミュージャンによるビックバンド「サッポロ・ジャズ・アンビシャス」を立ち上げ、竹村一哲(dr)と共にリーダーを務める。

2014年:渡辺貞夫(as)のカルテットに参加。国内ツアー・メンバーとして現在も活動中。ドラムは竹村一哲。2015年:福居良(p)『A Letter From Slowboat』に竹村一哲と参加。前記ヤング・トリオ10年間の集大成と言える内容が詰まっている。

2016年3月:高島愉(p)、宇野修(ds)のトリオで、初リーダー作『Chasin' the 

Paul』(自主制作)を発表。

2016年6月:ジャズピアノの巨匠、バリーハリス(p)のトリオとして国内数カ所ツアーに参加し好評を博す。

2016年7月:サッポロ・シティ・ジャズに「福居良に捧ぐ」ステージに自己のトリオ、山田敏昭(p)、宇野修(dr)で出演。

2017年6月:大西順子(p)のトリオに参加し一ヶ月間に及ぶ全国ツアーを行う。

2018年5月:Raymmond McMorrin Quartetのアルバムに参加。

多くのベーシストはスティール製の金属弦を使用しているのに対し、粟谷は牛や羊の腸で作られるガット弦にこだわる若き伝統派。彼の1番のアイドルであるというポール・チェンバースに迫るテクニックと、迫力ある生音を大切にした歌心溢れるプレイで多くのファンやミュージシャンからの信頼を得ている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 ▽Gene Jackson

ジーン・ジャクソン drums

 

ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。’79年にバークリー音楽大学へ進学し、Kevin Eubanks のバンドに参加。’87年にNew Yorkへ。 ’91年から“Herbie Hancock & Wayne Shorter Quartet”に参加。’93年から2000年まで“Herbie Hancock Trio, Quartet”に在籍し、世界中をツアー(’95-’98には Dave Holland とも共演)。 他に、Branford Marsalis, Robin Eubanks, Mark Whitfield, Cyrus Chestnut, Greg Osby, Eddie Gomez, Charles Tolliver Bigband, Mingus Bigband, Dianne Reeves, Christian McBride, Billy Childs, Michele Rosewoman, Claudia Acuna, Monday Michiru, 大西順子, Tony Monaco & 小沼ようすけ 等と共演。ジャズフェスティバル、ツアー、レコーディング等、数多くのプロジェクトに携わる。2006年に結成した Tim Armacost, David Berkman, 安ヵ川大樹との “New York Standards Quartet (NYSQ)”としての活動も続け、2018年9月に7枚目のアルバム「Heaven Steps to Seven」を発表。また、演奏活動の他 New York「クイーンズ・カレッジ・アーロン・コープランド・スクール・オブ・ミュージック」や、オランダをはじめ各国でのクリニックやワークショップ等で指導にも力を注いでいる。2018年4月、初のリーダーアルバム「Power Of Love」をリリース。Gene Jackson Trio としてルーマニア Ploiesti Jazz Festival への出演が決定。

 


2018.10. Live info


トップページではフライヤー付で掲載しています。スケジュールカレンダーは下記ボタンをクリックすると見れますのでご活用ください。


2018年10月のお薦めLIVEインフォです!10月、11月は何と言ってもあのジーン・ジャクソンが札幌“D-BOP”JAZZ CLUBで連続公演決定!現代リアルジャズのトッププレーヤーが奏でるストレートアヘッドなジャズ。絶対に見逃せないジャズファン必見のライブです。


台風に大地震、そしてまた台風と自然災害が次々に襲ってきますが、ジャズファンの皆様はご無事にお過ごしでしょうか。

アウトドアが危険な時こそジャズライブで気分転換を図るのも良いと思います。実りの秋。美味しいお酒とジャズで秋の夜長を楽しみましょう!
札幌で本格的なジャズライブをお探しの方、セッションをしたい方、今、一番ホットなジャズクラブは札幌“D-BOP”JAZZ CLUBです。世界一流アーティストから地元のアマチュアミュージシャンまで、素晴らしいアーティストが毎日のように出演。セッションもどんどんやっています。出張、ご旅行、単身赴任のおひとり様大歓迎!ジャズの共通語があれば、札幌“D-BOP”JAZZ CLUBにいらっしゃるだけで旧知のお友達のように楽しい仲間が出来てしまう、そんなお店が札幌“D-BOP”JAZZ CLUBです。ぜひお気軽にお待ちしております。


【2018年10月5日金曜日】[Rock.Jazz.R&B]

▶白山 貴史Band

Open19:30 Start20:00(2stage)

¥2,500-(+要Order)

 

Member

藤元 脩平 Vocal

白山 貴史 Guitar

迫 慎也 Sax

piano

藤田 圭一郎 Bass

大木 拓也 Drums

 

▽白山 貴史プロフィール

https://salon.sonicacademy.jp/mentor/detail?page=15


【2018年10月6日土曜日】[Hard Bop]

〜I Love You OK!〜

世界を愛で満たそう!

日本を席巻した伝説のバンド「キャロル」を解散して独立した矢沢永吉を支えた仲間たちとの熱い JAZZライブ!

 

▶須山恭一 Special Jazz Quartet!ライブアット“D-BOP”ジャズクラブ

Open 19:30 Start 20:00~2stage LC:一般¥2,500-/学割¥50%off!!! / Door ¥500up(要Order)

 

Member:

須山恭一 tenor sax

河野泰弘 piano

重松忠男 bass

チッコ相馬 drums


【2018年10月7日日曜日】

毎月第一日曜日開催サンデージャムセッション!

★泉功一郎のSunday“D-BOP”Jam!vol.50

▽19:00~Start

▽参加・見学¥1,200- 要Order

▽Session Leader 泉功一郎(g)

▽Session Host 未定(b)

 

プロの方からアマチュアの方までどなたでもご参加いただけるたのしい大人気のJAZZセッション!お気軽にご参加くださいませ(^_-)-☆

 


【2018年10月14日水曜日】

 ★ "D-BOP"FUNKセッションvol.45[JAZZ-FUNK]

Open19:00〜00:00

参加・見学者・オーディエンス同額 ¥1,500-(学生1,000-)※要Order

 

▽毎月第2水曜日のディーバップはファンクセッションデー。

本格派FUNKセッションは北海道唯一ここだけ!毎月第2水曜日はFUNKセッション!

セッションホストはファンクマスター藤田圭一郎(b)!初心者からベテランの方まで大歓迎。ファンク好きの皆さん、ぜひお待ちしてまーす。

 

JAZZ FUNK!SOULJAZZ!

FUNK!FUNK!FUNK!

SOUL!SOUL!SOUL!


【2018年10月11日木曜日】[Jam Session]

▶️ "D-BOP"HAPPY JAM SESSION

▽セッションホスト

19:00〜23:00

片山沙知恵 bass

小坂麻由 piano

▽Play・見学¥1,000-(学生無料)要order

 

あなたも本格的なライブステージでジャムセッションしてみませんか?誰でも参加OKです。Vocalや上物の方は譜面を要して頂ければJAZZでなくても邦洋問わず何でもOK!楽しくセッションしましょう。見学、鑑賞だけでも楽しいですよ。お気軽にご参加お待ちしております。


【2018年10月12日金曜日】[Jazz Vocal]

New York JAZZ界のレジェンドたちと共演を重ねてきた日本が誇るJAZZボーカリスト“天野昇子”と、渡米40年!ジョー・ヘンダーソンらこちらもジャズの巨匠と共演を重ねた百戦錬磨の笹島明夫のJAZZギター。

両名の双頭コンボがジャズの真髄を奏でる スペシャルライブの再演が決定!

 

▶笹島明夫-天野昇子 JAZZ AUTUMN JAZZY NIGHT[Jazz VocalーJazz Guitar]

OPEN19:30/START20:00 2STAGE

LC:予約¥3,500-/当日¥500up-(各要ORDER)

出演:

天野昇子 Vocal From New York City

笹島明夫 guitar

安斉亨 Piano

重松忠男 bass

 

▽天野昇子Profile

東京生まれ、1968年、日本テレビの人気番組"あなた出番です"で優勝。 堀プロら、"矢野晶子"としてデビュー。 フレダペインやスリーディグリース等のアメリカンアーティストとステージを共にするうちに、ジャズに魅せられ、1974年、イギリスに留学後、アメリカに渡り、 LA、シカゴ、ニューヨークと26 年にわたり、世界を舞台に歌い続ける。 

1984年、ニューヨークに移り、ジャズクラブの老舗、今はなきエディコンドンスで、 ニューヨークへ移転後初めてのコンサートを開き、ライブ活動を始める、活動は幅広く、ウォルドーフアストリアホテルでのディナーショウ等にも出演してきた。 

1989年、NORMAN SIMMONS のプロデュースによる初アルバム "SHOKO CELEBRATES IN NEW YORK CITY" を発表。 1990年、BRC International に入籍、二枚目のアルバム "500 MILES HIGH" を発表、 その後、ブルーノート、リンカーンセンター、カーネギー・リサイタルホールなどに出演。 日本クラブではカルチャー講座の講師を務め、現在ニューヨーク在住、 ブラジル、日本、ジャマイカと世界を舞台に活躍中。

 

▽ニューアルバム 「SHOKO SINGS LADY DAY」

ミュージシャン:

ノーマン・シモンズ / Piano & Arrangement

ポール・ウエスト / Bass

バナード・プレティ・パーディ / Drums

ヒューストン・パーソン / Tenor Sax

 

▽天野昇子公式サイト

http://www.hpnewyork.com/shoko/shokosingsladyday.html


【2018年10月13日土曜日】[Workshop]

天野昇子ジャズボーカルワークショップ!

New Yorkで活躍する天野昇子が本格派ジャズボーカルの極意を伝授!

今回の天野昇子ワークショップのテーマはFly Me To The Moon. What A Wonderful Worldなどを題材に、『フレーズに深みをつける方法』。NYで長年か活躍してきた天野ならではのフレーズ強化法を伝達します。

午後13時30分OPEN/14:00START

受講:¥3,500-(要ORDER)

 

▽講師:天野昇子Vocal

Support:笹島明夫Guitar


【2018年10月13日土曜日】[Organ Jazz]

これぞハーレム直送のリアル・オルガン・ジャズ!!現在NYを拠点に活動されている女性オルガニスト敦賀明子が“D-BOP”初登場。ハーレム・ニューヨーク直送のファンキー・ジャズオルガンは必聴です!オルガンの魅力を余すことなく引き出してくれる敦賀さんのプレイを、ぜひ生でお楽しみください!

 

▶︎Akiko Tsuruga Japan Tour 2018

敦賀明子日本ツアー2018

19:30 open 20:00 start

LC¥3,500(drink別)

※No Smoking Please

 

出演

敦賀明子 organ from New York

泉功一郎 guitar

舘山健二 drums

 

▽敦賀明子 Akiko Tsuruga Profile

https://www.akikotsuruga.com/

兵庫県尼崎市出身。 3歳からオルガンを弾き始め、2001 年、活動の拠点をニューヨークに。飛び入りでレギュラー出演の座を確保したハーレムの老舗ジャズクラブ「Showman’s」にて、演奏活動を始める。 独自の音楽性を認められ、ジャズ・ドラマーのグラディ・テイトのバンドに参加。後にアルト・サックソフォーンの巨匠、ルー・ドナルドソンのカルテットにオルガニストとして抜擢され、ステージ上では「Queen of the Organ」の名を持つ。2016年、米ダウンビート誌の人気投票オルガン部門で3位にランクイン。2017年4月5日に日米通算10枚目となるアルバムを発売予定。


【2018年10月14日日曜日】[Jazz]

ついに今年で第3回を迎える恒例の大学対抗ジャズ合戦が開催!

第3回目も北海道内主要大学JAZZ研から精鋭たちが出演!なんと、ビッグバンドが3バンド出演。全バンド演奏終了後は大セッション大会実施です。みなさん楽器持参でぜひご参加お待ちしております!

 

▶︎第3回大学対抗JAZZ合戦!~Jazz Battle of College 3rd~

OPEN14:15/START 14:45

一般¥1,500-/学生¥1,000- ※各要ORDER

 

▽2018年出演大学(順未定)

北海道大学Jazz研究会

小樽商科大学Jazz研究会

北海学園大学Jazz研究会

北海学園大学FFJO

札幌医科大学Jazz研究会

北海道教育大学札幌校Jazz研究会

北海道科学大学SFJO

室蘭工業大学Jazz研究会

北海道大学BIGBAND北極

 


【2018年10月17日水曜日】[Jazz]

▶菅野邦子・粟谷巧DUO+1

Open 19:30 Start 20:00

LC:¥2,000-/学割¥1,500-(各要Order)

Member:

菅野 邦子 piano

粟谷巧 bass

あこ Vocal

 

▽菅野邦子プロフィール

大谷短期大学音楽科を卒業後、アン・スクール・オブ・コンテンポラリー・ミュージック六本木校ジャズピアノ科において、坂元輝氏に師事。帰札後、ヤマハ・ポピュラー・ミュージック・スクール(PMS)ポピュラーピアノ科・ジャズピアノ科講師となり、現在に至る。市内数カ所のライブハウスにおいて演奏活動を行っている。


【2018年10月18日木曜日】[Jazz Session]

▶︎D-Bop JAM SESSION[JAZZ]

19:00~23:30

▽Play・見学¥1,000-(学生無料)要オーダー

 

あなたも本格的なライブステージでジャムセッションしてみませんか?誰でも参加OKです。Vocalや上物の方は譜面を用意して頂ければJAZZでなくても邦洋問わず何でもOK!楽しくセッションしましょう。

 

▽セッションホスト

谷川拓馬 Piano[北海学園2年生]

谷川さんは中学2年生でサッポロシティージャズコンテストのファイナリストになった腕前です。学生から一般の方まで誰でも参加OKです。楽しくセッションしましょう!


【2018年10月19日金曜日】

▶︎今夜はMusic&MagicでShow !

〜マジシャンとミュージシャン待望コラボライブ!!〜

OPEN19:00

ショータイム:

19:30〜20:30

21:30〜22:30

入場料:大人¥2,000/中学生以下¥1,200

 

出演者:

佐藤栄介 pf

吉田育美 pf,key

勇太郎 Magic

 

▽:佐藤栄介(作曲)他ライブ30分

勇太郎(マジック)と吉田(作曲、ピアノ、シンセ)コンビマジックショー30分の2本立て2回ライブ。

 

演者プロフィール

・佐藤栄介/さとうえいすけ

クラシック作曲法を軸に"色"や"譜面(ふづら)"の美しさを追究する傍ら、合唱曲やクラシック、ポピュラー音楽などの作曲、編曲を行う。自作曲の演奏やピアノサポートも行う。

2015年札幌市民芸術祭新人音楽会

作曲部門奨励賞を受賞。

北海道作曲家協会会員。

 

・勇太郎(奇術師)/ゆうたろう

【奇術師 勇太郎】

MAGIC BAR とまり木 

オーナー兼マジシャン。

《経歴・出演》

14歳、マジックを始める。

23歳、マジックの修行の為、関東へ。駅前でのストリートマジック、東急ハンズ 手品用品実演販売

、東京都内マジックバー数店舗出演、関東圏飲食店舗にてパフォーマンス、『たけしのニッポンのミカタ』VTR。29歳、地元札幌へ戻る。現在、すすきのにある

『MAGIC BAR とまり木』を経営。マジックのアレンジやオリジナル作成。特にテーブルマジックを得意とする。

 

・吉田育実(企画作曲演奏)/よしだいくみ

札幌大谷大学音楽学部卒業。作曲を21歳より始める。ピアノを中山ヒサ子、小原明美、作曲を木村雅信、向山千春に師事。

クラシック〜ジャズポップスと幅広く現代・コンピューター音楽の分野にも目を向ける。楽曲コンペで入賞経験あり。現在ピアノ講師、バンドサポートのほか、楽曲制作や他業種とのネットワークコミュニティ強化に取り組んでいる。北広島音楽協会アーティスト部所属。北海道作曲家協会会員 他。


【2018年10月20日土曜日】[Workshop]

▶笹島明夫の『ジャズボーカル集中講全5回』~第5回~▽大人気の笹島明夫によるジャズワークショップシリーズ!ジャズワルツの歌い方~

OPEN14:30 START15:00

参加者3500円・見学2500円

 

▽笹島明夫の『ジャズボーカル集中講全5回』第5回は~『ジャズ・ワルツ曲の歌い方』~ポップス、ジャズボーカルでよく歌われるワルツを身に着ける、アメリカにおけるJAZZボーカルの現場、ステージマナー、お客様とのコミュニケーション術などの実践的英語力なども身に着けれます。

 

♪***********************

▽大人気の笹島明夫によるジャズワークショップシリーズ!

新たにボーカル集中講座を開催!ジャズボーカルを目指す方や、現在プロまたはセミプロと更なる上級者を目指して活躍中に方へ向けたジャズボーカルの基礎を見直し、さらなるスキルアップを目指す全5回の集中講座です。男女問わず参加大歓迎。各回人数限定の内容の濃い講座です。ライブステージマナー(心構えとパフォーマンス、譜面の作り方、セットリストの組み立て方など)からドレスアップのアドバイスまで。毎回、アメリカにおける音楽現場の実践的英会話と音楽スキルを含め、毎回違った音楽形態を掘り下げて楽しく学習します。ぜひご応募、お待ちしております。


【2018年10月20日土曜日】[ワークショップ楽器持参+ライブ+セッション(全ての楽器対象)]

▶『笹島明夫の世界で一番分かりやすいアドリブメソッド・ワークショップ』バークリーやNY大学の教授も賞賛!

Open 19:00 Start 19:30

▽料金:      

・見学の方\2,500-(要ORDER)

WS見学・ライブ・セッション

・参加の方\3,000-(要ORDER)

WS楽器で参加+ライブ+セッション

ワークショップ楽器持参+ライブ+セッション(全ての楽器対象)

 

講師・セッションホスト:笹島明夫(g)

サポート:伊藤未央(b)


【2018年10月21日日曜日】

▶︎山野友佳子 SAPPORO Quartet LIVE AT 札幌 "D-BOP" JAZZ CLUB

open18:30 start19:00

予約¥2000円 / 当日¥2500円(別途要オーダー)

 

Member:

山野友佳子(piano)

森川ありさ(sax)

中澤一起(guitar)

金野俊秀(bass)


【2018年10月22日月曜日】[Jazz Funk]

結成11年目を迎える札幌を代表するジャズファンクバンド!

King Curtis /Miles Davis/Kool And The Gang/Herbie Hancock…etc.

オリジナルも交え、もちろんJB's、JB王道ナンバーも炸裂!

トランペット、トロンボーン、テナーサックスの3ホーンフロントによるファンキーサウンド!こんなバンドは札幌では唯一無二!まだ聞いたことがない方も常連さんも是非ぜひお待ちしております。

.

▶︎The Sapporo Funk Organization

Open 19:30 Start 20:00

LC:¥2,000-(要ORDER)/学生¥1,500-(要ORDER)

.

▽2010年に当時日本最大級のバンドコンテストでグランプリ優勝し日本一のバンドに輝いた。また、2016年の札幌シティジャズPJLコンテストに4度目(2008・2010・2011・2016年過去最多選出)のファイナリストとして選出され、あのアメリカンソウルレジェンド「スリーディグリーズ」FAを務めた札幌で大人気のJAZZ FUNKバンドが登場!

JB'sを髣髴とさせるフロント3Hornは過去にウィル・リー(Bass)とも共演、ゴリゴリのFunkリズムでガッツリ聞かせます!札幌では唯一無二のサウンドです。

.

Member:

松浦宏治(Leader-ts,bs)

河合修吾(tb)

Naoya Rosso(tp)

川畑統正(g)

小林ノリキ(b)

岸林大輔(dr)
Support:
澤田肇(pf,key)

.

♪*****************************

札幌“D-BOP”JAZZ CLUB

http://www.d-bop.com

札幌市中央区南1条西19丁目291番地山晃ハイツB1F

011-613-3999

簡単スマホ予約

https://www.d-bop.com/live-ticket-reservation/


【2018年10月23日火曜日】[Hard Bop]

▶︎TADAO SHIGEMATU プロジェクト〜山田敏明・重松忠男DUO+3

open/19:30/start/20:00

一般¥2,500-/大学生以下¥1,500-

※各要Order

 

Member:

重松忠男(Leader.bass)

山田敏昭(Piano)

平田晃一(Guitar)

Riko(Alt Sax)

舘山健二(Drums)

 

▽アメリカでも活動していた北海道の重鎮ベーシスト重松忠男が送るジャズライブプロジェクトシリーズ!

前回、札幌のBeBopを支えてきた福井良の意思を継ぎ、今や札幌を代表するバップピアニストとなった山田敏明とのデュオが好評でした。今回はさらに、今大注目の高校生ギターリスト平田晃一君とアルトサックスのRikoちゃんを迎えてのQuartet編成。ぜひお見逃しなく!


【2018年10月24水曜日日】

いつもLIVEごとにThemeを決めてお送りするChacoライブ。ジャズを知らないあなたも楽しめる楽しいライブです!

 

▶︎☆Chaco Q☆

Open 19:30 Start 20:00

LC:¥2,000-/学割¥1,500-(各要Order)

 

Member:

Chaco(Vo)

塚本周一(Pf)

清水 諭(Sax)

金野俊秀(Ba)

川合草平(Dr)

 

▽今回のライブテーマは…

第1ステージ

「恋のゆくえ A子のその後」

第2ステージ

「誰も知らない(?)ジャズの歌」

 


【2018年10月25日木曜日】[Jazz Session]

★D-Bop JAM SESSION

19:00~00:00

Jam Session

あなたも本格的なライブステージでジャムセッションしてみませんか?誰でも参加OKです。Vocalや上物の方は譜面を要して頂ければJAZZでなくても邦洋問わず何でもOK!楽しくセッションしましょう。

 

▽セッションホスト

金野俊秀 Electricbass/Contrabass

札幌で大活躍のベーシスト金野俊秀がセッションLEADER。誰でも参加OKです。楽しくセッションしましょう!

 

▽Play・見学¥1,000-(学生無料)要Drinkオーダー


【2018年10月26日金曜日】

ハービー・ハンコックトリオを8年間支えた名ドラマー「Gene Jackson」が札幌“D-BOP”JAZZ CLUBにて再演!ランディー・ブレッカー日本ツアーにも参加し最高の評価を得た名ベーシスト「日景修」も来札する最高のライブが実現。ジーン・ジャクソンLIVE AT 札幌“D-BOP”JAZZ CLUB2Days!

 

▶笹島明夫・Gene Jackson Quintet

Open 19:30 Start 20:00

LC:¥4,000-/高校生以下¥3,000-(各要Order)

 

Member:

Gene Jackson(ds)From東京

笹島明夫(g)

酒本廣継(tb)

安斎亨(p)

日景修(b)From名古屋 

 

▽Gene Jackson

ジーン・ジャクソン Drums

ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。ドラマーになるべく、1979年にボストンのバークリー音楽大学へ進学。Jeff "Tain" WattsとLenora Helmの推薦で、Kevin Eubanksのバンドに参加。

1987年にNew Yorkへ移り、Kevinとの共演も続けながらプロドラマーとしてのキャリアを積み重ねていく。

1988年ごろから自己の活動を開始し、ジャズフェスティバル、ツアー、レコーディング等、数多くのプロジェクトに携わる。

1991年からはTerri Lynne Carringtonの推薦で"Herbie Hancock & Wayne Shorter Quartet"に参加、1993年から2000年までHerbie Hancock Trio, Quartetに在籍し、世界中をツアー(1995〜1998にはDave Hollandが参加)。

また、演奏活動の他New Yorkの「クイーンズ・カレッジ・アーロン・コープランド・スクール・オブ・ミュージック」や、各国でのクリニックやワークショップ等で指導にも力を注いでいる。近年では度々日本を訪れ、つのだひろ氏と親交を深めWild Music School "Summer Drum School"でのワークショップにも参加。たいへん親日家で、日本全国に於いても多くのファンを獲得している。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽笹島明夫 Guitar

17歳で初めてギターを手にしフォークソング、ベンチャーズなどを弾き始めるが18歳の時にボサノバに魅せられた後、WesMontgomeryを聴いてジャズに夢中になる。20代前半に札幌のジャズ喫茶などで演奏活動を始め、コンサートで来道した渡辺貞夫氏と共演する機会を持ち、氏の勧めで75年に上京。1年間東京のPit Innを始めとするジャズクラブで植松孝夫などのグループで演奏活動をする。

77渡米、シカゴに居を構える。79年に第1回のシカゴジャズフェスティバルに出演して実力を認められる。88年、Joe Hendersonをゲストに初リーダーアルバムAkio with Joe Hendersonをリリース(Muse)世界的に評価を受ける。その後シカゴでブラジリアンジャズグループSomBrasil、ピアニスト/ボーカリストJudy Roberts など数多くのグループに参加しレコーディングも残している。

06年には同M& IよりRon Carter との再会セッション、Two For The Museをリリース、スイングジャーナルなどの専門誌ばかりでなく、クラシック評論家の黒田恭一氏などからも「親密にして味わい深い二重奏」などの高い評価を受ける。

2018年9月、自身の最新アルバムをランディー・ブレッカーをフューチャリングし、“D-BOP”RECORDsより発売。ニューアルバムリリース記念全国ツアーをランディーと共に行い、LIVE、アルバム共に最高の評価を得る。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽日景修(bass)

中学時代オーケストラ部に所属しコントラバスを始める。金沢大学在学中からジャズの演奏を始め、ビッグバンドに所属し活動するとともに、様々なライブ活動を行い、池田篤、原朋直、山田穣等との共演を重ね、腕を磨く。

大学卒業後、名古屋に居を移し本格的にプロとして活動を開始。名古屋を中心とした活動の他、吉田正広グループにて全国各地でのツアーを行う。

佐山雅弘、向井滋春、TOKU、大坂昌彦、川島哲郎、松島啓之、近藤和彦、村井秀清、綾戸智恵、ケイコ・リー、木住野佳子、アレンファーナム、ジェフキーザー、ブルースバース等との共演、JiLL-Decoy associationのサポート、また多数のレコーディング・ツアーに参加。小濱安浩グループにて韓国公演にも参加する。

またジャズ以外にも韓国ヘグム奏者のレコーディング・ツアーにも参加。

また、名古屋音楽大学非常勤講師として後進の指導、NHK文化センターや学校などでジャズの解説の講座を開講するなどの活動も行っている。

2018年、笹島明夫・ランディーブレッカーQuartetの名古屋公演に参加し好評を博す。


【2018年10月27日土曜日】

ハービー・ハンコックトリオを8年間支えた名ドラマー「Gene Jackson」が札幌“D-BOP”JAZZ CLUBにて再演!ランディー・ブレッカー日本ツアーにも参加し最高の評価を得た名ベーシスト「日景修」も来札する最高のライブが実現。ジーン・ジャクソンLIVE AT 札幌“D-BOP”JAZZ CLUB2Days!

2日目は、今札幌で大人気の若手、トランぺッター寺久保伶矢、金澤緋彩、そしてPianoに谷川拓真を迎えてのLIVE。

 

▶笹島明夫・Gene Jackson Quintet + Young Trumpets

Open 19:30 Start 20:00

LC:¥4,000-/高校生以下¥3,000-(各要Order)

 

Member:

Gene Jackson(ds)From東京

笹島明夫(g)

日景修(b)From名古屋 

寺久保伶矢(tp)

金澤緋彩(tp)

谷川拓真(pf)

 

▽Gene Jackson

ジーン・ジャクソン Drums

ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。ドラマーになるべく、1979年にボストンのバークリー音楽大学へ進学。Jeff "Tain" WattsとLenora Helmの推薦で、Kevin Eubanksのバンドに参加。

1987年にNew Yorkへ移り、Kevinとの共演も続けながらプロドラマーとしてのキャリアを積み重ねていく。

1988年ごろから自己の活動を開始し、ジャズフェスティバル、ツアー、レコーディング等、数多くのプロジェクトに携わる。

1991年からはTerri Lynne Carringtonの推薦で"Herbie Hancock & Wayne Shorter Quartet"に参加、1993年から2000年までHerbie Hancock Trio, Quartetに在籍し、世界中をツアー(1995〜1998にはDave Hollandが参加)。

また、演奏活動の他New Yorkの「クイーンズ・カレッジ・アーロン・コープランド・スクール・オブ・ミュージック」や、各国でのクリニックやワークショップ等で指導にも力を注いでいる。近年では度々日本を訪れ、つのだひろ氏と親交を深めWild Music School "Summer Drum School"でのワークショップにも参加。たいへん親日家で、日本全国に於いても多くのファンを獲得している。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽笹島明夫 Guitar

17歳で初めてギターを手にしフォークソング、ベンチャーズなどを弾き始めるが18歳の時にボサノバに魅せられた後、WesMontgomeryを聴いてジャズに夢中になる。20代前半に札幌のジャズ喫茶などで演奏活動を始め、コンサートで来道した渡辺貞夫氏と共演する機会を持ち、氏の勧めで75年に上京。1年間東京のPit Innを始めとするジャズクラブで植松孝夫などのグループで演奏活動をする。

77渡米、シカゴに居を構える。79年に第1回のシカゴジャズフェスティバルに出演して実力を認められる。88年、Joe Hendersonをゲストに初リーダーアルバムAkio with Joe Hendersonをリリース(Muse)世界的に評価を受ける。その後シカゴでブラジリアンジャズグループSomBrasil、ピアニスト/ボーカリストJudy Roberts など数多くのグループに参加しレコーディングも残している。

06年には同M& IよりRon Carter との再会セッション、Two For The Museをリリース、スイングジャーナルなどの専門誌ばかりでなく、クラシック評論家の黒田恭一氏などからも「親密にして味わい深い二重奏」などの高い評価を受ける。

2018年9月、自身の最新アルバムをランディー・ブレッカーをフューチャリングし、“D-BOP”RECORDsより発売。ニューアルバムリリース記念全国ツアーをランディーと共に行い、LIVE、アルバム共に最高の評価を得る。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

▽日景修(bass)

中学時代オーケストラ部に所属しコントラバスを始める。金沢大学在学中からジャズの演奏を始め、ビッグバンドに所属し活動するとともに、様々なライブ活動を行い、池田篤、原朋直、山田穣等との共演を重ね、腕を磨く。

大学卒業後、名古屋に居を移し本格的にプロとして活動を開始。名古屋を中心とした活動の他、吉田正広グループにて全国各地でのツアーを行う。

佐山雅弘、向井滋春、TOKU、大坂昌彦、川島哲郎、松島啓之、近藤和彦、村井秀清、綾戸智恵、ケイコ・リー、木住野佳子、アレンファーナム、ジェフキーザー、ブルースバース等との共演、JiLL-Decoy associationのサポート、また多数のレコーディング・ツアーに参加。小濱安浩グループにて韓国公演にも参加する。

またジャズ以外にも韓国ヘグム奏者のレコーディング・ツアーにも参加。

また、名古屋音楽大学非常勤講師として後進の指導、NHK文化センターや学校などでジャズの解説の講座を開講するなどの活動も行っている。

2018年、笹島明夫・ランディーブレッカーQuartetの名古屋公演に参加し好評を博す。


【2018年11月28日】[Blues]

▶︎ "D-BOP"BLUES JAM SESSION[Blues]

毎月最終日曜日19:00~00:00

▽参加・観賞¥1,000-要オーダー

 

▽毎月一度の本格派ブルーズセッションデー!DELTA BLUESからシカゴBLUESまでオールジャンルOK!ブルーズに魅入られクロスロードで取引きしてしまった貴方!これからクロスロードに向かう貴方、初心者も大歓迎です。お一人でもお気軽に!


【2018年10月29日月曜日】

▶Musician's Workshop!vol.36

参加・見学:一般¥2000/学生¥1000

(各要別途オーダー)

19:00スタート

 

圭一郎・そーへいの“リズム ワークショップ”が、内容をもっともっと掘り下げてリズムセクションだけではなく、Vocal、ホーンなどパートを問わずにリズムを追及していこうという趣旨から改名したミュージシャンズワークショップ。

JAZZ、ファンク、ソウル、ブルーズ、ポップスなどの基本はリズムです。ライブ百戦錬磨の藤田圭一郎、川合草平が奥義を伝授!

 

講師:

藤田圭一郎(b)

かわいそーへい(dr)


 

【2018年10月30日火曜日】[Soul Jazz]
北海道唯一の純黒特濃オルガンソウルジャズ!コテコテに濃いソウルジャズ・ジャズファンク。ハモンドオルガンxk3c & Leslie 3300の組み合わせで最高のサウンド!
Vol.34は、ソウルジャズファンならフライヤーを見た途端「おっ!」っと思ったはず。ジョージ・ベンソン、ジョー・デュークス、ロニー・キューバらを擁するコンボで、70年デトロイトの黒人クラブ「Mozambique」で収録されたロニー・スミスの「Live At Club Mozambique」から楽曲をチョイス。これでもかというほどクロい演奏。ということはBaritone Saxも炸裂。是非!

Organ Soul Jazz Band “D-BOP's”vol.34
Open 19:30 Start 20:00~2Stage
LC:¥2,000-(要order)
学生さん50%OFF¥1,000-(要order)

▽Organ JAZZ、Soul JAZZに特化したグルービーなサウンドをお届けします!Blackテイスト溢れるレアグルーブJazzやOrgan、guitar、TenorSaxのコテコテJAZZが好きな人は是非!

【お得なポイントカード発行中】
ディーバップスのLIVEは、3回通うとライブが1回無料になるポイントカード制です。

Member:
松浦宏治(Tenor & Baritone Sax) 
中島ほづみ(Organ)
黒田佳広(Conga)
岸林大輔(Drums)
平田晃一(Guitar)

♪*****************************
札幌“D-BOP”JAZZ CLUB
http://www.d-bop.com
札幌市中央区南1条西19丁目291番地山晃ハイツB1F
TEL:011-613-3999
簡単スマホ予約
https://www.d-bop.com/live-ticket-reservation/
♪*****************************


【2018年10月31日水曜日】

From NY 金子純恵&花田進太郎

JAPAN TOUR 2018 遊びをせんとや

Open 19:30 Start 20:00~2Stage

LC:¥3,500-(要order)当日¥500up

 

金子純恵(箏・三味線・Vo)From New York

花田進太郎(Gt)

柳真也 (Bs)

藤岡愛音(Dr) From Berlin

 

 古(いにしえ)の邦楽器と深いジャズヴォイスが織りなす、ネオ序破急の世界。NY在住 山田流箏曲・三味線及びジャズシンガーの金子純恵とSapporo City Jazzパークジャズライブコンテスト2015, 2016ファイナリストの花田進太郎との、注目の初共演。ドラムにバークリー卒ベルリン在住の藤岡愛音を迎え、オリジナルを中心にミニマルクールな艶サウンドをお届けします。静寂と炎のあいだ、ただひと声の音をお愉しみください。

 

【金子純恵プロフィール】

山田流箏曲・三味線奏者、ジャズシンガー、ソングライター

千葉県柏市出身。5歳より、山田流箏曲を宮下伸に師事。 2000年、東京芸術大学音楽学部邦楽科 箏曲山田流専攻卒業。 在学中、山田流箏曲と三味線を井口法能に師事。アカンサス賞、常栄賞受賞。 2002年に渡米。ボストンバークリー音楽院パフォーマンス科ジャズボーカル専攻入学。 2006年、同校を首席で卒業。

 

バークリー卒業後、アメリカ東海岸に てさまざまな演奏活動を展開、名を広め る。主な活動として、ピューリツアー賞 受賞者 Paula Vogel 作「The Long Christ- mas Ride Home」音楽提供、カーネギー ホール、リンカーンセンター、ブルーノー トNY、ボストンバレエ、ゲティセン ター、ヨーヨーマのシルクロードプロジェ クト参加、全米学術講演会TED各種公演 の他、ハーバード大学、コロンビア大学、 プリンストン大学、マサチューセッツ工 科大学ともプロジェクトを持ち、学術的 にも講演を行う。2014年には、在アメリカ日本大使館の協賛でワシントンDCジャズフェスティバル ヤングアーティストシリーズにて演奏。ジャズグループとし ては初の日本大使公邸での演奏となった。また2015年4月には、世界最高峰のジャズクラブ、ブルーノートNY本店に てデビューを飾り、両セット満席にするという快挙をなしとげた。

 

アメリカ国内の活動に加えて海外公演も多く、国際交流基金NYの南米派遣アーティストとしてブラジル、ペルー、 ボリビア、ジャマイカ、グアテマラ、ニカラグアで日本文化普及活動を行う。また2013年より毎年に渡り、在インド、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ日本大使館から招聘を受け遠征している。各都市の演奏に加え、現地 大学やボランティア施設でも訪問演奏を行い、ストリートチルドレンのための教育に関わる。2018年8月にはヨーロッパ、10月には中東・南アジアツアー、11月には南米ツアーが予定されている。

 

異ジャンルとのコラボレーションも精力的に取り組んでおり、Gamelan Galak TikaのEvan Ziporyn、和太鼓のケニー遠 藤、元鼓童の渡辺薫、義太夫三味線の田中悠美子をはじめ画家、舞踏家、書家など様々な一流アーティストと共演し ている。また古典演奏だけでなく、オリジナルや即興演奏も得意とする。個人名義でのアルバム発表は二枚。中でも 2016年に発売された「丑三ツ刻 Dead Of The Night」は、全編オリジナル曲で唯一無二の世界観を表現していると高い 評価を得ている。

 


【2018年11月1日木曜日】[Jazz Session]

▶︎D-Bop JAM SESSION[JAZZ]

19:00~23:30

▽Play・見学¥1,000-(学生無料)要オーダー

 

あなたも本格的なライブステージでジャムセッションしてみませんか?誰でも参加OKです。Vocalや上物の方は譜面を用意して頂ければJAZZでなくても邦洋問わず何でもOK!楽しくセッションしましょう。

 

▽セッションホスト

谷川拓馬 Piano[北海学園3年生]

谷川さんは中学2年生でサッポロシティージャズコンテストのファイナリストになった腕前です。学生から一般の方まで誰でも参加OKです。楽しくセッションしましょう!


【2018年11月2日金曜日】[Jazz]

▶︎酒本廣継ジャズカルテット

北海道ナンバーワントロンボーンと誰もが認める酒本廣継のジャズカルテット。是非お待ちしております!

Open 19:30 Start 20:00~2stage LC:¥2,000-(要Order)

 

Member:

酒本廣継(trombone)

山下ヤスシ(piano)

片山沙知恵(bass)

仲山朋果(drums)

 

▽酒本(さけもと) ひろつぐ

1977年 北海道門別町生まれ

高校からジャズビッグバンド部に入りトロンボーンを始める。北海道工業大学に進学しビッグバンドサークル「Sunny Fields Jazz Orc.」に所属し、札幌でのライブ活動を始める。2002年 プロ活動を開始。

タイガー大越、村田浩、小濱安浩、ジェイ・トーマス氏など様々な一流プレイヤーと共演する。名古屋では小濱安浩が率いる「C.U.G.Jazz Orchestra」に参加。東京では札幌唯一のディキシーランドジャズバンド「ジョニー黒田とディキシープリンス」で新宿トラッドジャズフェスティバルに参加。

現在は自己のSwing Jazz Band「SWINGIN’ 5 MEN」や「酒本ひろつぐカルテット」、他にも「ジョニー黒田とディキシープリンス」などで活動中。

小中学生を対象にした「北海道ジュニアジャズワークショップ(H.J.J.W.)」を設立。北海道を代表するトロンボーン奏者。

 


 [2018年11月03日土曜日][Rock,Pops]

▶双子座Virgo プレゼンツ

第1回 札幌ツーマン極みライブショー!

open 19:00、start 19:45

料金¥1,500※要オーダー

 

-act-

 

▽双子座ヴァルゴ

Vo&G 佐藤 雅則

B 井田 征博

Dr 作間 秀朗

 

AFRO GLUE

Gu 玉本昭弘

P&Key 木村歓一郎

Dr 北野公康

B 瑞木学

Sax 新岡浩

Per 吉岡幸仁

Gu 赤松一久


【2018年11月4日日曜日】[Jazz Session]

毎月第一日曜日開催サンデージャムセッション!

★泉功一郎のSunday“D-BOP”Jam!vol.51

▽19:00~Start

▽参加・見学¥1,200- 要Order

▽Session Leader 泉功一郎(g)

▽Session Host 竹達夕喜(b)

 

プロの方からアマチュアの方までどなたでもご参加いただけるたのしい大人気のJAZZセッション!お気軽にご参加くださいませ(^_-)-☆

 


【2018年11月5日月曜日】[Soul]

北海道出身の杉野森 Kazが10年ぶりにオリジナルSoulを札幌で歌う必見のLIVE!Opening Actには蝦名摩守俊 (vo>r)を迎えさらに見どころ満載です。

 

▶杉野森KAZ & 北の仲間たち ライブアット札幌“D-BOP”JAZZ CLUB

Open 19:30 Start 20:00

MC:¥2500 学割¥2000

 

Member:

杉野森 kaz (vo & gtr)

川畑統正 (gtr)

藤原すみれ(bs)

出田寿一(dr)

Queso (pf, gtr)

 

Opening Act:

蝦名摩守俊 (vo>r)

 

▽杉野森 KAZ Vocal,Guitar

杉野森KAZ 

北海道登別出身 Vo ,Gt 

80年代後半、札幌でロックバンド「河童」のvo ,gtとして活動。90年代初頭から東京に拠点を移行する。

現在は主に「杉野森KAZ と仲間達」や今福知己(Bs)と杉山彰二丸(Ds, MOJO CLUB, ex. タイマーズ)との「カズトモキマル」等でVo ,Gt または様々なシンガーやバンドのgt,Cho としても年70~80本のライブを精力的に行うRock,Blues,Soul,Funk,Reggae etc…等々あらゆる音楽を浴びてきた故のオリジナル曲を歌い、弾いている。

 


【2018年11月6日火曜日】[Bossa Nova]

ドイツ在住の小泉ニロ。前回のジャパンツアーは、新作『3』の日本ツアーを、レコーディングメンバーで素晴らしいライブパフォーマンスでした。今回のライブは原点回帰っぽいメンバーでボサノバファンも納得のステージに!NILOファン待望のライブ。こうご期待!

 

▶NILO LIVE AT “D-BOP”JAZZ CLUB

OPEN19:30 START20:00

MUSIC CHARGE:\2,800-(当日500up)

※要ORDER

 

Member:

Vo. & Gt. NILO

Gt. ふかまちけい

Fl. 小林美穂

Per. 大山賢司


【2018年11月7日水曜日】

▶︎『Aeolian Duo & Todd Isler LIVE!』

Open 18:30/Start 19:00

Charge:4,500円 ※要Order

 

今年9月ニューヨークで共演した「トッド・アイスラー /パーカッション」が来日

エオリアン・デュオ & トッド・アイスラー NYニューヨーク凱旋ライブ!進化したエオリアン・サウンドを是非お楽しみください!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

▽ブルース・ヒューバナー  /尺八

 

1960年米国カリフォルニア州サンタモニカ生まれ。10歳よりクラシックフルートを、14歳からジャズサクソフォンを始める。

1983年カリフォルニア州立大学ノースリッジ校音楽部卒業後に来日。琴古流尺八を始める。その後一旦帰米し、カリフォルニア州立大学サンタバーバラ校東洋学修士課程に入学。1989年修士を取得し、文部省国費留学生として再来日。研究生を経て東京芸術大学邦楽部修士課程に初めての外国人として入学。故人間国宝山口五郎氏に師事し、1994年首席にて修士課程修了。2000年まで福島女子短期大学で教鞭をとる。

1995年、97年琴古流尺八リサイタル。1998年英語版「ビデオ尺八指南」全三巻を作成。1999年「コンテンポラリー三曲アンサンブル」で全米ツアー。2000年ジャズピアニストで作曲家のジョナサン・カッツとジャズワールドミュージックグループ「Candela」結成。2002年CD「Mogami」をリリースし、「ステレオ」誌が選ぶアルバムベスト5となる。 2003年トロントジャズフェステイバルに日本より唯一参加。2004~05年にかけて、ジョナサン・カッツとヨーロッパツアー、米国ツアー、日本ツアーを行う。2007年カート・パターソン(箏)とのDuo CD「Going Home」リリース。 2007~08年には、春は桜前線を 追いかけ南から北へ、秋は紅葉狩りツアーで北から南へ音楽旅行をする。 2008年 CD「風紋」「Deep Forest」DVD教本「ジャズ尺八」をリリース。スーザン・オーズボンと日本桜前線ツアー。2009年英語板「ビデオ尺八指南-ジャズ尺八-」をリリース。2010年カート・パターソンとともにVICO (バンクーバー多文化協奏オーケストラ) と共演。またギター奏者の原とも也とグループ「ZUI」を結成した。

古典からオリジナル曲まで感動的なステージを展開する。オリジナル曲はTV、ラジオでもよく聞かれ、「天戸川」はメトロポリタン美術館(NY)内のテーマ曲となった。教育にも熱心で、2013年まで福島県立医科大学等で音楽講師を勤めた。その傍ら東日本大震災後は被災地を回わって、精力的にコンサートを重ねている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

諏訪光風 /ギター

 

何事にも捕らわれない柔軟な音楽性、多彩な音楽エッセンスが光る独自のサウンド。

13歳からギターを始め1985年にプロ活動を開始。 

ファッションショー、 TVCM、CSTV番組、Vシネマ等の楽曲提供、演奏等、幅広い音楽活動を 展開 現在、リーダーバンド「Wind groove ウィンド・グルーヴ」を中心としたライブ活動に加え,スタジオワーク、ライブサポートなどプレイヤーとしては勿論、コンポーザーとして楽曲の提供やプロデュースに関わる活動も意欲的に行っている。 夢弦ギター教室主宰。自然体なアコースティック・サウンドを追求する 超ジャンル思考のギタリスト。 

 

◆メディア 

・CS放送-TBSチャンネル1 『The Vocalist~音楽に恋して~山内惠介」 

・テレビ朝日土曜ワイド劇場30周年特別企画・西村京太郎スペシャル「秋田新幹線・こまち連 続殺人!」出演・演奏。 

・TVCM「キティーのフィッティー」「NTTDocomo関西~甲子園」演奏 

・「CSTV・トッポ・ジージョ劇場エンディングテーマ」演奏 

・「SkyPerfec TVデジキャン・オープニングテーマ」演奏 

・ファンションショー「アンテプリマ・ミラノコレクション」「マウリツィオ・ボナス・東京~大阪コレク ション」 

・「ターラブランカ」出演・楽曲提供。 

・Vシネマ「仁義絶叫2・3」「トマト白書」「トナリの隣人」「最後の日からはじめよう」音楽監修・演 奏。 

・ヤマハ WebCM 2018/5~スタート 

 

◆共演アーティスト 

ブルース・ヒューバナー、クリストファー・ハーディー、アンディ・ウルフ、山本邦山、沢井忠夫、 クロード・チアリ、パトリック・ヌジェ、長谷川きよし、五木ひろし、弦哲也、川中美幸、山本譲二 、岩崎宏美、水森かおり、道城嘉子、山内惠介、パク・ジュノン、松原健之、Bayaka、IRVING・KOJI、ウェイウェイ・ウー、Vincy、牧山純子、井上陽水、他、多数とのレコーディング、 コンサートなど 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

【スペシャルゲスト】

トッド・アイスラー /パーカッション from NY

 

ニューヨーク市に本拠を置くマルチ・パーカッショニスト、ドラマー、教育者Todd Islerは、20年以上にわたって国際的なジャズと世界の音楽シーンでプロデューサー、パフォーマー、教育者として活躍しています。

 

マルチ・パーカッション奏者として、トッドはゲーテ・インスティテュートのもとでアフリカをツアーし、ブラジルでマスタークラスを広範囲に演奏し、演奏してきました。

彼はインドではRamnod V. Raghavan氏とKaraikudi R. Mani氏に南インドのMrdanghamリズムを学んだ。トッドはまた、ブラジルの偉大な奏者のポルティニョ氏やヴァンデレイ氏に学んだ。彼はアメリカのいくつかのダンス・カンパニーで演奏しています。彼はまた、日本とヨーロッパを広範囲に巡回してきた。

 

ToddはバンドSavaneと一緒に、Disc Makers Unsigned Band Contestで優勝、JAZZIZ Magazineパーカッション・オン・ファイア・コンテストの優勝者でした。

現在、フュージョンプロジェクトであるインターナショナル・オレンジを共同でリードしています。バンドは2013年にデビューアルバムをリリースした。

トッドは自作で2つのレコーディングをリリース:2ステップ:デュエットアンドブヨーンド。最新作はソウルドラム。

 

トッドの自作の教科書You Can Ta Ka Di Mi This は南インドのリズムシステムを採用しており、あらゆる種類のミュージシャンがリズム感覚を広げる教材で注目。

 

◆共演アーティスト

Joe Lovano、Dave Liebman、Sting、Steve Turre、Melvin Sparks、Chesao Machado、Mike Gordon、Bakithi Kumalo、Ivan Neville、Betty Buckley、 Badal Roy、Francis Mbappe、Jack McDuff、David Krakauer、Al Kooper、Charlie Burnham、他、多数とのレコーディング、 コンサートなど

 


【2018年11月8日木曜日】

日本の老舗ジャズクラブ「Body&Soul」が新たに立ち上げたレーベル”BS Jazz Support”。第2弾として今年5月にリリースされた、レイモンドマクモーリンカルテットによるCD”All of A Sudden”発売記念ツアーです。ストレートアヘッドなジャズをお聞き逃しなく!!

 

▶Raymond McMorrin Quartet Live At “D-BOP”JAZZ CLUB~レイモンド・マクモーリン カルテット ニューアルバム発売記念北海道ツアー2018'~

OPEN19:30/START20:00

MC:予約¥4,500-(当日500up)※要ORDER

 

Member:

Raymond McMorrin TenorSax From Tokyo

片倉真由子 Piano From Tokyo

粟谷巧 Bass

Gene Jackson Drums From Tokyo

 

▽Raymond McMorrin Sax

11歳からテナーサックスを始め、主にニューヨーク、コネチカット州を拠点に活動。

1997年ペンシルバニア州フィラデルフィア芸術大学ジャズ科に入学>

1999年にはコネチカット州ハートフォード大学に転校し、アルトサックス奏者のジャッキー•マクリーンが設立したジャズ専攻科にてジャッキー•マクリーンと出会い、師弟関係となり師事する。2004年4月にはニューヨークのブルーノートにピアニストのホレスシルバーのライブメンバーとして出演する。

2005年に来日、活動の拠点を東京に移す。

以降、ハンク•ジョーンズ、トミー•キャンベル、フランク•ゴードン、ティファニー, 井上洋介、井上功一、井上祐一、今泉総之輔、大坂昌彦、日野皓正、吉澤はじめなどの国内外の才能豊かなアーティストとの共演の機会に恵まれる。レイモンドのプレイはソニー•ロリンズやジョン•コルトレーン、ジョー•ヘンダーソンを彷彿とさせる 音色を持ちながら自由かつ前衛的なフレージングが特徴。ジャズテナーサックスのトラディショナルとモダンが融合したユニークなスタイルで注目を集めている。

 

・・・・・・・・・・・・

 

▽片倉真由子 Piano

宮城県仙台市出身。両親共にプロのジャズミュージシャンであり、幼少よりジャズを聴いて育つ。洗足学 園短期大学入学と同時にジャズピアノに転向、ピアノを今泉正明氏に師事。同大学を首席で卒業後、200 2年、バークリー音楽大学より奨学金を受け、入学する。在学中より、ボストン市内のライブハウスで、 クリスチャンスコット, デイヴサントロらと演奏を重ねる。2004年、piano achievement awardを受理し卒業する。卒業後は、ディックオーツ, ジェリーバーガンジーらと演奏を重ね、また、2004 年8月に行われたLitchfield Jazz Festivalに、デイヴサントロトリオのピアニストとして出演す る。2005年9月、ジュリアード音楽院入学。ピアノをケニーバロンに、アンサンブルをカール アレン, ベンウォルフに師事。

在学中より、ハンクジョーンズ, ドナルドハリソン, カールアレン, ベ ンウォルフ, エディーヘンダーソン, ビクターゴーインズ ,ドミニクファリナッチらと共演する。2 006年、Mary Lou Williams Women In Jazz Piano Competitionで優勝し、翌年5月に、同 ジャズフェスティバルに自己のトリオを率いて出演する。また、2006年9月に開催された Thelonious Monk International Jazz Piano Competitionのセミファイナリストに選ばれる。2008年に帰国後は、ジュリアードジャズオールスターズの一員として、カールアレン、ロンブレイクらと共に韓国、日本でのワークショップやコンサートを行う。また、ジャパンジャズオールス ターズの一員として韓国、釡山でのジャズフェスティバルに参加したり、ブルーノート東京でのブランフォードマルサリスカルテットのピアニストとして参加、ラヴィコルトレーンカルテットへの参加、ピーターワシントン、ケニーワシントンとの共演など活動は多岐にわたる。 現在は自己のトリオ、クインテットをはじめ、山口真文カルテット、伊藤君子グループ、竹内直カ ルテット、土岐英史グループ、北川潔トリオなどのメンバーとして活動中。

2009年9月には、リー ダーアルバム「インスピレーション」をリリース。第43回スイングジャーナル社主催の「ジャズ ディスク大賞」において、ニュースター賞を受賞。2010年9月、セカンドアルバム「フェイ ス」をリリース。今秋、自身3枚目のリーダーアルバム「The Echoes Of Three」を55 

RECORDSよりリリース。洗足学園大学非常勤講師。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

▽粟谷巧 Bass

1985年7月20日北海道北見市生まれ。

2005年から札幌で活動を開始。

来札後直ぐに福居良の店「スローボート」で、当時15歳の竹村一哲(ds)とのヤング・トリオとして研鑽。

2010年:ベニー・グリーン(p)、グレゴリー・ハッチンソン(ds)のトリオで全国

ツアー。

2013年:菅野義孝(g)のライヴ盤『ジャズ・ギター2』(What' New)に参加。

2013年:渡辺貞夫監修、道内初のプロミュージャンによるビックバンド「サッポロ・ジャズ・アンビシャス」を立ち上げ、竹村一哲(dr)と共にリーダーを務める。

2014年:渡辺貞夫(as)のカルテットに参加。国内ツアー・メンバーとして現在も活動中。ドラムは竹村一哲。2015年:福居良(p)『A Letter From Slowboat』に竹村一哲と参加。前記ヤング・トリオ10年間の集大成と言える内容が詰まっている。

2016年3月:高島愉(p)、宇野修(ds)のトリオで、初リーダー作『Chasin' the 

Paul』(自主制作)を発表。

2016年6月:ジャズピアノの巨匠、バリーハリス(p)のトリオとして国内数カ所ツアーに参加し好評を博す。

2016年7月:サッポロ・シティ・ジャズに「福居良に捧ぐ」ステージに自己のトリオ、山田敏昭(p)、宇野修(dr)で出演。

2017年6月:大西順子(p)のトリオに参加し一ヶ月間に及ぶ全国ツアーを行う。

2018年5月:Raymmond McMorrin Quartetのアルバムに参加。

多くのベーシストはスティール製の金属弦を使用しているのに対し、粟谷は牛や羊の腸で作られるガット弦にこだわる若き伝統派。彼の1番のアイドルであるというポール・チェンバースに迫るテクニックと、迫力ある生音を大切にした歌心溢れるプレイで多くのファンやミュージシャンからの信頼を得ている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

▽Gene Jackson

ジーン・ジャクソン drums

 

ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。’79年にバークリー音楽大学へ進学し、Kevin Eubanks のバンドに参加。’87年にNew Yorkへ。 ’91年から“Herbie Hancock & Wayne Shorter Quartet”に参加。’93年から2000年まで“Herbie Hancock Trio, Quartet”に在籍し、世界中をツアー(’95-’98には Dave Holland とも共演)。 他に、Branford Marsalis, Robin Eubanks, Mark Whitfield, Cyrus Chestnut, Greg Osby, Eddie Gomez, Charles Tolliver Bigband, Mingus Bigband, Dianne Reeves, Christian McBride, Billy Childs, Michele Rosewoman, Claudia Acuna, Monday Michiru, 大西順子, Tony Monaco & 小沼ようすけ 等と共演。ジャズフェスティバル、ツアー、レコーディング等、数多くのプロジェクトに携わる。2006年に結成した Tim Armacost, David Berkman, 安ヵ川大樹との “New York Standards Quartet (NYSQ)”としての活動も続け、2018年9月に7枚目のアルバム「Heaven Steps to Seven」を発表。また、演奏活動の他 New York「クイーンズ・カレッジ・アーロン・コープランド・スクール・オブ・ミュージック」や、オランダをはじめ各国でのクリニックやワークショップ等で指導にも力を注いでいる。2018年4月、初のリーダーアルバム「Power Of Love」をリリース。Gene Jackson Trio としてルーマニア Ploiesti Jazz Festival への出演が決定。


【2018年11月9日金曜日】[Jazz&Pops]

▶︎Kuniko & Friends Live At “D-BOP”

19:30open/20:00start

¥2500 要order

 

Member:

北村久仁子vo

横尾美穂vo

寺西幸子pf

藤田圭一郎Ba

川合草平dr

 

▽北村久仁子

名寄市を中心に活動するオールジャンルバンドSound Labo SKAYのボーカル&ピアノ奏者。金管五重奏団Wind Ensemble SOLAEでホルンも演奏する。

NHKのど自慢2000年度北海道東北地区代表。愛と喜びを歌う!をモットーに、日々のワクワクを求め活動中。


【2018年11月10日金曜日】[Jazz Vocal]

▶【My Soul】~心と目と耳スペシャル~Koko Sasaki Jazz Live at 札幌“D-BOP”JAZZ CLUB

Open 16:30 Start 17:00~2stage

LC:¥2,000-/障害者500,学割1,000(各要Order)※当日500up

 

▽Member:

Koko voca

l山下ヤスシ piano

重松忠男 bass

Kibana accordion

 

▶Kokoプロフィール

 MarionCowing(NY).

Gabrielle Goodman等に師事。


【2018年11月13日火曜日】[Jazz Vocal]

▶︎大野一美・山本敏嗣DUOライブ

Open 19:30 Start 20:00

LC:¥2,000-/学割¥1,500-(各要Order)

 

Member:

大野一美 Vocal

山本敏嗣 Guitar

 

▽大野一美 Vocal

留寿都出身。

名古屋のジャズドラマー上田和夫氏との出会いによりジャズボーカルを志す。BLUES&ジャズギタリスト和田直氏に師事。現在精力的に市内のジャズクラブで活躍中。

 

♪****************************

札幌“D-BOP”JAZZ CLUB

http://www.d-bop.com

札幌市中央区南1条西19丁目291番地山晃ハイツB1F

TEL:011-613-3999

簡単スマホ予約

https://www.d-bop.com/live-ticket-reservation/

♪****************************

||| Real Jazz Label ||||||||||||

“D-BOP”RECORDs

https://www.d-bop.com/d-bop-records/

♪****************************




札幌でJAZZライブ・セッションのお店をお探しの方!!!!初心者大歓迎!安心の“D-BOP”ディーバップへ!


札幌を代表する大人気のジャズクラブ“として札幌 D-BOP”ディーバップが
今年のサッポロシティージャズ公式パンフレットにも大きく紹介されました。札幌円山の入り口、市内中心部から地下鉄2駅、大通りから5分程度です。西18丁目駅からは徒歩3分の好立地、おしゃれな街円山裏参道の入り口に位置しています。

 

ランディー・ブレッカーがLIVEをするということで札幌を代表するジャズクラブとの呼び声も高く、いま札幌でいちばん勢いがある大評判のお店です。今年は昨年に引き続き世界のスーパープレーヤーとなった『寺久保エレナ』、アメリカからリンカンセンターオーケストラ、デュークエリントンオーケストラ等のトロンボーン奏者『Andre Hayward』、日本JAZZ界のトップドラマー『大坂昌彦』、日本JAZZボーカル界の至宝『伊藤君子』さんや、ミーシャなどのサポートなどでも活躍するスーパーベーシスト『日野JINO賢二』さんも在籍するトライホーンブァッファロー、最近話題のピアニスト『高木理代子』さん、あのハービーハンコックのバンドに8年在籍してハービーサウンドを支え続けたスーパードラマー『ジーン・ジャクソン』。セシルマクビーなどと共演しNew YorkのJazzTimes(1999年3月号)でLeaderCD『Handmade』がハービーハンコックらとならんで1998年のトップ5に選ばれた偉大なピアニスト『デイヴィッド・バークマン』、1970年代にドイツのENJAやECMでリーダーアルバムを残し、耽美的なユーロ・ジャズからマイケル・ブレッカー・バンド、シーラ・ジョーダン、スティーブ・キューン、デビッド・サンボーン、マンハッタン・トランスファーまで30年以上ファースト・コールとして君臨するベーシスト、『ハービー・S(シュワルツ)』。New Yorkのスーパーギタリスト『ショーン・ハークネス』、バークリー音楽院教授の『Mark Walker』、Manhattan Jazz Quintetの『David Matthewsなど、海外一流アーティスト、国内一流ミュージシャンをはじめ、国内外で大活躍する第一線の素晴らしいアーティストが連日多数出演!JAZZのサウンドにこだわった音響もミュージシャンに高評価されています。お飲み物も皆様に喜んでいただけるようたくさんのシングルモルトやバーボン、カクテル、ノンアルコールドリンクをご用意してお待ちしております。


▶札幌“D-BOP”JAZZ CLUBは世界のトッププレーヤーも出演する大人気のジャズクラブです!
ディーバップはNew Yorkからのアーティストや、国内外で大活躍のアーティストが出演して大賑わい!

世界ナンバワンカリスマトランぺッターのRandy Breckerをはじめ、New Yorkで大活躍の“David Berkman”、Manhattan Jazz Quintetでお馴染、アレンジャー・ピアニストのDavid Matthews”、バークリー音楽院教授の名ドラマー“Mark Walker”、ハービーハンコックTRIOに8年間在籍していたジーン・ジャクソン、19歳であのロイ・ハーグローブバンドに参加したAndre Haywardなど素晴らしいアーティストにご出演頂いています。日本のトッププレーヤーとなったNew York在住のAltoSax寺久保エレナさんも出演して頂きました。そして、元フライドプライドの“Shiho”さんや日本JAZZボーカルの至宝、伊藤君子さんやケイコ・リーもディーバップで大好評でした!


▶初めての方!出張や観光の方大歓迎!
Welcome to Sapporo! Jazz fans who come to sightseeing from abroad are welcome! The system separately orders drinks and live charge different for each live (about 2000 yen to 4000 yen, mostly about 2000 yen) and drinks. Since additional orders are cash on delivery, please order at the counter. Get off at the municipal subway Tozai line west 18th chome station, 3 minutes on foot from the 1st exit. We arrive in Sapporo city center in about 7 minutes by taxi. If you would like to spend the full night of Sapporo night with JAZZ live, please come to Sapporo "D - BOP" JAZZ CLUB. We'll be expecting you! (^ _-) - ☆

最近は出張で札幌に来られた方や海外からのジャズファンが“D-BOP”のホームページを見たよと言ってお気軽にいらしてくれるようになりました。リーズナブルに女性がお一人でも気軽にJAZZを楽しめるディーバップ。

いつも明るい女性スタッフ(ママや女の子)がお出迎えしてくれるディーバップは、常連の怖いジャズオジサン達が独占するお店や札幌の老舗JAZZクラブのような高い敷居などまったくない気軽で楽しいお店です。JAZZが大好きな貴方にはJAZZ CLUBディーバップが絶対おススメです!

 

“D-BOP”ディーバップではジャズの本場 New York や日本の第一線で活躍する超一流アーティストがたくさん登場しています!ライブ、セッションが連日熱いジャズクラブ“D-BOP”。札幌に出張や観光で来てセッションやライブを楽しみに“D-BOP”を選んでくれる人がたくさん増えました!お気軽にJAZZと美味しいお酒をお楽しみくださいね。市内中心部大通りから2駅、ススキノからも3駅で直ぐ到着します。
▶ACCESSはこちら


A big reputation shop as a jazz club with the most momentum in Sapporo now. This year is the treasure of Nippon Jazz vocal world "Ito Kimiko", super bassist "Hino JINO Kenji" also active in support such as Misha etc, Tri Horne Buffalore, Recently talked about pianist "Takagi Riko" Super drummer "Jean Jackson" who has been in Hervey Hancock's band for 8 years and continued to support Herbie Sound. In collaboration with Cecil McBee and others in New York's Jazz Times (1999 March issue) LeaderCD "Handmade" is a great pianist "David Barkman" chosen as the top 5 in 1998 along with Herbie Hancock, in the 1970's Leaving the leader album at ENJA and ECM in Germany, the bassist reigning as a first call for more than 30 years from aesthetic euro jazz to Michael Brecker Band, Sheila Jordan, Steve Kuhn, David Sambourn, Manhattan Transfer , "Herbie · S (Schwartz)". Including New York's super guitarist Shawn Harkness, Professor Barkley Academy Professor Mark Walker, Manhattan Jazz Quintet's David Matthews, overseas first-rate artists, domestic first-class musicians, Many great artists on every day appear! The acoustics stuck to the sound of JAZZ are highly appreciated by musicians. We are waiting for a variety of single malts, bourbons, cocktails and non-alcoholic drinks so that your drinks will be delighted.


サッポロシティージャズ2017公式パンフレットに札幌を代表するJAZZクラブとして掲載されました!リンクはこちら→

SAPPORO CITY JAZZ-2017 OFFICIAL GUIDE BOOK


沢山の皆様から、最近は「札幌でカッコいいジャズクラブと言えば“D-BOP”!」、「カッコいいJAZZライブを聞くなら“D-BOP”!」と仰っていただきとても嬉しく思っております。
平成28年の一年間で、『“250回”ものLIVEとセッション』を開催させて頂く事が出来ました。連日、素晴らしいミュージシャンの皆様に出演して頂き、音楽関係者、ご縁を頂いた多数の関係者もハコ自体のサウンドの鳴りかたもお褒め頂いております。ご来場のお客様もみなさまとても良くして頂いていることにこの場をお借りして深く感謝を申し上げます。“D-BOP”は益々熱くLIVE & SESSION。3年目にして札幌のJAZZライブは“D-BOP”と言って頂ける方がたくさん増えました。

札幌の皆様だけではなく、「出張や旅行で札幌きたけど、どこかでセッションやJAZZ LIVEはやっていないかな。」と“D-BOP”を探して来てくれるお客様も増えてきました。みなさまお気軽にご来店いただき、リーズナブルでとてもよかったと好評いただいています!今日はセッション、ジャズLIVEはないかなとお探しの方!お気軽に“D-BOP”(ディーバッブ)へ遊びにいらしてくださいませ~(^_-)-☆

▽セッション・LIVEスケジュールカレンダーはこちらから

▽アクセス地図はこちらから
地下鉄東西線西18丁目駅[1番出口(札幌市夜間救急・札幌市医師会)]から出て徒歩3分程度です。市内中心部地下鉄大通駅から2駅。5分です。ススキノからは乗り換え込み3駅。10分程 度です。(タクシーでも2-3区間1,000円位)



“D-BOP”ジャズクラブからのお知らせ!

【お客様と演者さんに朗報】
“D-BOP”ディーバップの男子TOILET、女子TOILETともにリニューアルしました!
広くて綺麗なtoiletは演者さんの着替えにも十分!お化粧直しも清潔できれいなトイレでゆっくりできます。男子toiletの方が少し広いですが、どちらも個室は2室あります。当然ウォシュレット完備!。
“D-BOP”のトイレはアルコール消毒も付いて衛生的です。


ライブがない日は…
― 映画やテレビとは違うホンモノの探偵BAR ―
BARのマスターは、あるときはサックスプレーヤーにして実は本物の探偵。深夜のBAR。ROUND MIDNIGHTが店内に流れマイルス・ディビスのミュートHornが心に響く… 美味しいお酒とJAZZ。
そして、普段は口に出せない悩みもカウンター越しだから話せる。そういう方も多くいらっしゃいました。株式会社 日本リサーチサービスは、探偵歴32年、札幌弁護士協同組合の特約店に指定されている札幌で№1探偵社。本物の探偵とカウンセラーの資格を所有するママがカウンター越しにあなたのお悩みをお聞きします。当然、その場でご依頼もOK!敏腕弁護士と共に困りごと悩み事を見事に解決します。

札幌弁護士協同組合特約店

株式会社 日本リサーチサービス
調査のお問い合わせは通話料無料のフリーダイヤル0120-480-999まで!
詳しくはwebへ
http://www.0120-480-999.com/