INFORMATION



▶春到来の5月ですね!
ディーバップも春の装いの素敵なLIVEが目白押しです。最近は出張で札幌に来られた方や海外からのジャズファンが“D-BOP”のホームページを見たよと言ってお気軽にいらしてくれるようになりました。リーズナブルに女性がお一人でも気軽にJAZZを楽しめるディーバップ。

いつも明るい女性スタッフ(ママや女の子)がお出迎えしてくれるディーバップは、常連の怖いジャズオジサン達が独占するお店や札幌の老舗JAZZクラブのような高い敷居などないまったくない楽しいお店です。札幌の夜はJAZZ CLUBディーバップが絶対おススメです!初心者大歓迎!

 

“D-BOP”ディーバップでは4月から5月にかけてジャズの本場New Yorkから超一流アーティストもたくさん登場!ライブ、セッションが連日熱いジャズクラブ“D-BOP”。札幌に出張や観光で来てセッションやライブを楽しみに“D-BOP”を選んでくれる人がたくさん増えました!お気軽にJAZZと美味しいお酒をお楽しみくださいね。市内中心部、ススキノからも直ぐです。
▶ACCESSはこちら




札幌で大人気のジャズクラブ“札幌 D-BOP”ディーバップ。札幌円山の入り口、市内中心部から地下鉄2駅、大通りから5分程度です。西18丁目駅からは徒歩3分の好立地、おしゃれな街円山裏参道の入り口に位置しています。

 

いま札幌でいちばん勢いがあるジャズクラブと大評判のお店。今年は日本JAZZボーカル界の至宝“伊藤君子”さんや、ミーシャなどのサポートでも活躍するスーパーベーシスト“日野JINO賢二”さんも在籍するトライホーンブァッファロー、最近話題のピアニスト“高木理代子”、あのハービーハンコックのバンドに9年在籍してハービーサウンドを支え続けたスーパードラマー“ジーン・ジャクソン”。セシルマクビーなどと共演しNew YorkのJazzTimes(1999年3月号)でLeaderCD『Handmade』がハービーハンコックらとならんで1998年のトップ5に選ばれた偉大なピアニストデイヴィッド・バークマン、1970年代にドイツのENJAやECMでリーダーアルバムを残し、耽美的なユーロ・ジャズからマイケル・ブレッカー・バンド、シーラ・ジョーダン、スティーブ・キューン、デビッド・サンボーン、マンハッタン・トランスファーまで30年以上ファースト・コールとして君臨するベーシスト、ハービー・S(シュワルツ)。ハービーハンコックTRIOを9年も支え続けたスーパードラマー“ジーン・ジャクソン”、New Yorkのスーパーギタリスト“ショーン・ハークネス”など海外一流アーティスト、国内一流ミュージシャンをはじめ、札幌で大活躍する素晴らしいアーティストが連日多数出演!

JAZZのサウンドにこだわった音響もミュージシャンに高評価されています。お飲み物も皆様に喜んでいただけるようたくさんのシングルモルトやバーボン、カクテル、ノンアルコールドリンクをご用意してお待ちしております。


“D-BOP”PICKUP LIVE



【2017年4月27日木曜日】
▶TRI HORN BAFFALO with 高木里代子北海道ツアー2017 at “D-BOP”が決定!
一昨年に引き続き“D-BOP”にトライホーンブァッファローが登場!そして、Avex所属の大人気ジャズピアニスト『高木里代子』がツアー参戦も決定!前回にも増して楽しみでならないLIVE!座席数限定ですのでお早目のチケット購入をお奨めいたします。

OPEN19:00/START19:30
ADV ¥4,000- | DAY ¥4,500-(+要ORDER)

Member:
Tri Horn Buffalo with 高木里代子(pf・key)
房原忠弘(Tp) | 宮崎 隆睦(Sax EWI) | 日野"JINO"賢二(Bs Vocal) | トシ ヒケタ(Gt) | 星山哲也(Drm) | 高木里代子(pf,key)

▽Tri Horn Buffalo
https://trihornbuffalo.jimdo.com/

▽高木里代子
http://avex.jp/riyokotakagi/


予約チケット好評発売中!
チケットご予約はこちらから!
https://www.d-bop.com/live-ticket-reservation/
※座席限定ライブとなっております為、キャンセルされた場合でもチケット代金が発生致しますことをご了承ください。チケット引き渡しは“D-BOP”となっております(取り置き可)


2017.5.17-MFA Records Presents「NOLA Revisit」 CD 発売記念ライブNori Naraoka/マック福田 Special New Orleans Funk Unit-Special Guest“馬場智章” Live at “D-BOP”


【2017年5月17日水曜日】

▶︎MFA Records Presents「NOLA Revisit」 CD 発売記念ライブ

▽Nori Naraoka/マック福田 Special New Orleans Funk Unit

Open 19:00 Start 20:00~2stage 

LC:予約¥3,000-/当日¥3,500-/学割特別料金¥1,500-(各Drink別)

member:

Nori Naraoka(bass)From New York

マック福田(g)

Special Guest
馬場智章(ts) from New York

安斉亨(pf)

藤田圭一郎(bass)

かわいそーへい(dr)

SFO-Horns(The Sapporo Funk Organizaition)

松浦宏治(ts,bs)

河合修吾(tb)

Naoya Rosso(tp)

-

▽NY在住のBassist / Producerで新進気鋭のemerging artist、ノリ ナラオカがプロデュースしたアルバムの発売記念ライブ!北海道公演は“D-BOP”のみ!

▽ネビル・ブラザーズとアーロン・ネビル(グラミー受賞アーティスト)のギタープレイヤーとして全米、ヨーロッパを始めとする世界ツアーに参加し、カルロス・サンタナ、B・Bキング、エルトン・ジョン、Dr.ジョン等と共演、アポロ・シアターやモントルー・ジャズ・フェスティバル出演など豊富な演奏経験をもつマック福田とのスペシャルバンド。
▽さらに、テレビ朝日"報道ステーション"のテーマ曲を自身も所属するバンド " J Squad "で手掛け、同年11月に UNIVERSAL MUSIC JAPANよりアルバム”J-Squad ”をリリースしたNew Yorkを拠点に活躍するサックス奏者、馬場智章をスペシャルゲストに迎え、札幌の実力派ミュージシャンの安斉亨、藤田圭一郎、川合草平とコラボするスペシャルバンド!

▽New Orleansファンクの醍醐味でもあるホーンセクションは札幌を代表するファンクバンドThe Sapporo Funk Organizaitionホーンズが参加!絶対に聞き逃せない一夜限りのスペシャル企画です!ぜひお待ちしております。

-

▽Nori Naraoka(奈良岡典篤)ベーシスト、プロデューサー

北海道札幌市生まれ。2000年からニューオリンズで音楽活動を始める。以来ニュー

オリンズとニューヨークを行き来し、アメリカ国内外、日本、ジャンルを問わず活動中。

ニューヨーク、ブルックリンにあるプライベートスタジオではプロデューサーとして数々

のプロジェクトに参加中。

主な共演者に、Allen Toussaint, Nicholas Payton, Irvin Mayfield, George Clinton,Zigaboo Modeliste, Leo Nocentelli, Vernon Reid, Damian Kulash, Ivan Neville,Terrence Blanchard, aoru Watanabe, Stanton Moore, 増尾好秋, The Wild Magnolias, Oz Noy,DJ Logic, Marlon Jordan, Eric Krasno, 山岸潤史, Jon Batiste, Page McConnell, MarcoBenevento, Russell Batiste Jr., Christian Scott, Donald Harrison Jr., ジェロ, Delfeayo Marsalis,Jason Marsalis, Trombone Shorty, Papa Grows Funk, Adam Deitch, Kermit Ruffins, Big Sam’sFunky Nation, Nicole Atkins, Fred Wesley, Bonerama, Kishi-Bashi, akiko, Playing for Changeなど。2005年にグラミー賞を受賞したグループ、Playing for Change playingforchange.comに参加し、[Cotton Field]を収録、現在大和証券グループ daiwatv.jp のテレビCMで上映中。2015年7月末に日本でもリリースされるプロジェクト、[The NYC Improv Project/Melting Point]はニューヨークのプライベートスタジオでエンジニア/ミキシング、ベーシスト、プロデューサーで参加。参加メンバーはJazzmeia Horn, Chaance Barnes, Tak Iwasaki, Maurice Brown, Jaleel Shaw, JpnathanGreenstein, Daisuke Abe, Nir Felder, Ben Patterson, Victor Gould, Sullivan Fortner, MarkGuiliana, Jamison Ross, Darrian Douglas, Joe Dyson, Keita Ogawa.

-

▽マック福田Guitar

大学在学中、潮崎郁夫氏に師事しジャズギターおよびジャズ音楽理論を学ぶ。同期に他のアーティストのサポート(主にタレントのコンサートツアー)をはじめる。後、チョコレート・リップス(ライオネル・リッチのサポートメンバー,ジミー・ウエイバーから成るRCAレコードの和製ブラックコンテンポラリーバンド)のレコーディングに参加。以後、多数のスタジオセッション、アーティストサポートを行。1998年渡米、ニューオーリーンズを活動拠点とする。多くの地元ゴスペル教会を中心に演奏活動を行った後、ファンキー・ミーターズのドラマー、ラッセル・バティステに見出され彼のバンドのギタープレイヤーになる。この時期から多くのニューオーリーンズアーティスト達、ワイルド・マグノリアス、カーミット・ラフィン、リバース・ブラス・バンド、ジョージ・ポーターJr.他などとも演奏をはじめる。2005年よりネビル・ブラザーズとアーロン・ネビル(グラミー受賞アーティスト)のギタープレイヤーとして全米、ヨーロッパを始めとする世界ツアーに参加する。その間カルロス・サンタナ、B.Bキング、エルトン・ジョン、Dr.ジョン等と共演、アポロ・シアターやモントルー・ジャズ・フェスティバル出演など豊富な演奏経験をもつ。2012年、5月にアーロンネビルの日本ツアーにて帰国。東京、大阪ビルボードにて公演。

-

▽馬場智章TenorSax

1992年北海道札幌市生まれ。  

ミュージシャン / サックス奏者 / 作曲家 / アートディレクター

2000 年より発足した 札幌ジュニアジャズスクール に 2000〜2009 年まで在籍し、日豪文化交流プロジェクトで世界的なコンサート ホールであるシドニー•オペラハウスや、横浜ジャズプロムナード等で演奏。2005 年タイガー大越氏により開催されたバークリー音楽院タイアップの北海 道グルーブキャンプを受講し、最年少で『バークリーアワード賞』を受賞、ボス トン、バークリー音楽院サマープログラムに 2007〜2009 年奨学生として参加。2010 年 Terri Lyne Carrington (ds) が指揮する Berklee summer Jazz workshop のメンバーに選抜され奨学生として参加。2011 年、バークリー音楽院に全額奨学生として入学以来、Tiger Okoshi (tp), Terri Lyne Carrington (ds), Dayna Stephens(sax), Terrence Blanchard (tp) と共演,Next Generation Jazz Festival, Newport Jazz Festival をはじめとする多くのステージで演奏する。また在学中に バークリー音楽院より3度にわたり優秀賞受賞。

日本国内では2013年南郷ジャズフェスティバル出演、2014 年 Sapporo City Jazz Music Tent Live にて『TOKU&小沼ようすけ』、『Fried Pride with Gast Walzing』にゲスト出演、2015 年 8月に TOKU“Dear Mr. Sinatora”のツアーに参加。

2016年 4月よりリニューアル放送を開始したテレビ朝日"報道ステーション"のテーマ曲を自身も所属するバンド " J Squad "で手掛け、同年11月に UNIVERSAL MUSIC JAPANよりアルバム”J-Squad ”をリリース。

2016年2月より拠点をニューヨークに移しライブ活動を行いながら、音楽と多ジャンルのアートシーンとのコラボレーションプロジェクトのプロデューサーとしても活動中。

オンラインアートマガジン”Metropolitan Society” ではファッションブランドEngineered Garments のスタイリングブックの作成や自身のプロジェクト”Lonely Traveler” でモデル/スタイリストを務めるなど活動は多岐にわたる。

https://www.amazon.co.jp/NOLA-REVISITED-ORLEANS-FUNK-ALL-STARS/dp/B01N5G2T9L/ref=ntt_mus_ep_dpi_1

【ジャズファン必見!】
DUO & TRIO NEW YORK at “D-BOP” 3 Days!

【2017年5月24日水曜日】

ジーン・ジャクソン (Ds)

デービッド・バークマン (Piano)

ハービーS (Bass)

▶︎AKIO SASAJIMA with TRIO NEW YORK

Open 19:30 Start 20:00~2stage LC:¥4,000-(Drink別)

 出演:笹島明夫(Guitar)

ジーン・ジャクソン (Ds)

デービッド・バークマン (Piano)

 

 

ハービーS (Bass)

これぞ正しく本物のJAZZ!
あのハービーハンコックのバンドに9年在籍してハービーサウンドを支え続けたジーンジャクソン。セシルマクビーなどと共演しNew YorkのJazzTimes(1999年3月号)でLeaderCD『Handmade』がハービーハンコックらとならんで1998年のトップ5に選ばれた偉大なピアニストデイヴィッド・バークマン。1970年代にドイツのENJAやECMでリーダーアルバムを残し、耽美的なユーロ・ジャズからマイケル・ブレッカー・バンド、シーラ・ジョーダン、スティーブ・キューン、デビッド・サンボーン、マンハッタン・トランスファーまで30年以上ファースト・コールとして君臨するベーシスト、ハービー・S(シュワルツ)。そして、札幌が誇る世界の笹島明夫Guitarが本物のJAZZの最前線をお届けします。札幌では滅多に聞けない強力なカルテットです!スタンダード、オリジル、ビートルズなどを超スインギーにお送りします!“D-BOP”スペシャル3Daysライブ!ぜひこの機会をお見逃しなく!

出演:
笹島明夫(Guitar)
ジーン・ジャクソン (Ds)
デービッド・バークマン (Piano)
ハービーS (Bass)
-
DUO & TRIO NEW YORK at D-Bop 3 Days![5/22-24]
【2017年5月22日月曜日】
▶︎DUO NEW YORK meets MIZUHO 
Open 19:30 Start 20:00~2stage 
LC:¥3,500-(Drink別)
出演;
MIZUHO (Vocal)/デービッド・バークマン (Piano)
ハービーS (Bass)/司会・ゲスト 笹島明夫
-
DUO & TRIO NEW YORK at D-Bop 3 Days![5/22-24]
【2017年5月23日火曜日】
▶︎TRIO NEW YORK meets Young & Women Jazz Musicians in Sapporo
札幌で将来を期待される若手ミュージシャン、女性ミュージシャンとTRIO NEW YORKのセッション 最後は大ジャムセッション!
Open 19:30 Start 20:00~2stage 
LC:¥3,500-(学割¥2,500-各Drink別)
出演:
ジーン・ジャクソン (Ds)
デービッド・バークマン (Piano)
ハービーS (Bass)
-
寺久保伶矢(Trumpet)
板橋夏美(Trombone)
治田七海(Trombone)
平田晃一(Guitar)
木村ゆう(Piano)
伊藤未央(Bass)
青木楓(Dr)
司会・笹島明夫

-

▽笹島明夫 Guitar

北海道出身。17歳で初めてギターを手にしフォークソング、ベンチャーズなどを弾き始めるが18歳の時にボサノバに魅せられた後、WesMontgomeryを聴いてジャズに夢中になる。20代前半に札幌のジャズ喫茶などで演奏活動を始め、コンサートで来道した渡辺貞夫氏と共演する機会を持ち、氏の勧めで75年に上京。1年間東京のPit Innを始めとするジャズクラブで植松孝夫などのグループで演奏活動をする。

77渡米、シカゴに居を構える。79年に第1回のシカゴジャズフェスティバルに出演して実力を認められる。88年、Joe Hendersonをゲストに初リーダーアルバムAkio with Joe Hendersonをリリース(Muse)世界的に評価を受ける。その後シカゴでブラジリアンジャズグループSomBrasil、ピアニスト/ボーカリストJudy Roberts など数多くのグループに参加しレコーディングも残している。

06年には同M& IよりRon Carter との再会セッション、Two For The Museをリリース、スイングジャーナルなどの専門誌ばかりでなく、クラシック評論家の黒田恭一氏などからも「親密にして味わい深い二重奏」などの高い評価を受ける。

-

▽ジーン・ジャクソン Drums

ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。ドラマーになるべく、1979年にボストンのバークリー音楽大学へ進学。Jeff "Tain" WattsとLenora Helmの推薦で、Kevin Eubanksのバンドに参加。

1987年にNew Yorkへ移り、Kevinとの共演も続けながらプロドラマーとしてのキャリアを積み重ねていく。

1988年ごろから自己の活動を開始し、ジャズフェスティバル、ツアー、レコーディング等、数多くのプロジェクトに携わる。

1991年からはTerri Lynne Carringtonの推薦で"Herbie Hancock & Wayne Shorter Quartet"に参加、1993年から2000年までHerbie Hancock Trio, Quartetに在籍し、世界中をツアー(1995〜1998にはDave Hollandが参加)。

また、演奏活動の他New Yorkの「クイーンズ・カレッジ・アーロン・コープランド・スクール・オブ・ミュージック」や、各国でのクリニックやワークショップ等で指導にも力を注いでいる。近年では度々日本を訪れ、つのだひろ氏と親交を深めWild Music School "Summer Drum School"でのワークショップにも参加。たいへん親日家で、日本全国に於いても多くのファンを獲得している。

 

https://youtu.be/98eToH1VF1o

-

▽デービッド・バークマン Piano

デビューアルバム『Handmade』(12曲中11曲がオリジナル)はモダンジャズでありながら、しかもトラディショナルなジャズともしっかりと結びついた独特なサウンドと評価される。スウィング感とインプロヴィゼーション、メロディ、リズムに特微づけられ、独特の"ひねり"を持ち合わせている。

バークリー音楽学校とミシガン大学で学んだ後、故郷クリーヴランドでミュージシャンとしての経験を積んだ。

1985年にニューヨークに移りジャズシーンにおけるかけがえのないミュージシャンとして活躍している。セシルマクビー、トムハレル、またヴィレッジヴァンガードオーケストラのピアニストとしても演奏を続けてきた。他にもスコットウェンドホルト、ェリオットジグモンド、ウッディハーマンオーケストラ、ジョーロヴァノ、ビリーハート、レイドラモンド、マットウイルソン、ビリーデュース、と共演者の名は後を絶だない。

パルメットレコードでの2枚目のCD『Communication Theory』は、CMJ jazz chart(ラジオ)でNO.1を記録。

リーダーとして、アメリカやヨーロッパを舞台に幅広く活躍している。最近では、The Wichita Jazz Festival、The Blue Note(NYC)やシカゴ、ボストン、サンフランシスコで行われたコンサートやクラブ演奏などがある。ジャズの教育者としてアムステルダム音楽大学、マサチューセッツ大学、西イリノイ大学、ウイスコンシン大学、アイオワ州立大学、インデァナ大学その他多くの大学で教え、また演奏を行っている。サイドマンとしても、ヴォーカリストのJane Monheit、Rene Marie、ベーシスト/リーダーのCeciI MCBeeらとともに共演し、また、JoeI Frahm(彼のセカンドアルバム『The Navigator』が今年8月にリリースされた)、Dick oatts、Scott Wendholtその他多くの人々と、数々のレコーディングを行っている。彼は定期的に、世界で最も素晴らしいジャズミュージシャン達とともに演奏している。JAZZIZ(1999年3月号)デイヴィッドバークマンのCD『Handmade』が1998年リリースアルバムのトップ10に選ぱれました。JazzTimes(1999年3月号)デイヴィッド・バークマンのCD『Handmade』はハービーハンコックらとならんで1998年のトップ5に選ばれました。

https://youtu.be/u15BuAwiSt0

-

▽ハービー・S Bass

1970年代にドイツのENJAやECMでリーダーアルバムを残し、耽美的なユーロ・ジャズからマイケル・ブレッカー・バンド、マンハッタン・トランスファーまで30年以上ファースト・コールとして君臨するベーシスト、ハービー・S(シュワルツ)。シーラ・ジョーダン、スティーブ・キューン、デビッド・サンボーンらとも共演。いまやベースの重鎮の名をほしいままにしている。

https://youtu.be/rHFwzoS4uHY

Herbie Hancock Trio “One Finger Snap” Live at Montreux
Herbie Hancock(p)
Jeff Littleton(b)
Gene Jackson(ds)
ハービー・ハンコック・トリオ “ワン フィンガー スナップ” ライブアットモントルー
ハービー・ハンコック(ピアノ)
ジェフ・リトルトン(ベース)
ジーン・ジャクソン(ドラムス)


【2017年5月27日土曜日】
AMP Trio 日本初公演 LIVE at “D-BOP”[Acoustic Jazz Trio]
バンド名:AMP Trio (アンプ・トリオ)
オープン時間 19:00
スタート時間 20:00
ライブ料金:¥2000 要別途ORDER
-
Member: 
Addison Frei(アディソン・フライ)piano 
Matt Young(マット・ヤング)drums 
Perrin Grace(ペリン・グレイス)bass
-
▽AMP Trio (アンプ・トリオ)
2012年に結成して5年目になるAMP Trioは、ニューヨークを拠点に精力的に活動中。
今年3枚目のフルアルバム「Three」をリリース。アメリカ・カナダ各地のジャズクラブで公演を行っており、様々なジャズフェスに参加。ジャズの最先端・ニューヨークで鍛えられた若きジャズメンのフレッシュなサウンドをお聴き下さい! 
www.amptrio.com
オリジナルソング "Riding Periphery" 
https://www.youtube.com/watch…


LIVE/SESSION INFORMATION


【2017年5月11日木曜日】

▶鷲見健の“D-BOP”JAM SESSION[JAZZ]

毎週木曜日19:00~00:00

▽Play・見学¥1,000-(学生無料)要Drinkオーダー

 

▽セッションホスト

鷲見健 (pf,b.g,org)

ホストはコンテンポラリーピアノの鬼才鷲見健がセッションLEADER。ビバップからコンテンポラリージャズ、ファンク、BLUESからポップスや歌謡曲までAllジャンル対応!


【2017年5月12日金曜日】

▶︎酒本廣継Jazz Quartet

Open 19:30 Start 20:00~2Stage

LC:¥2,000-(Drink別)

 

member:

酒本廣継(trombone)

高橋えつ子(piano)

片山沙知恵(bass)

伊藤宏樹(drums)


【2017年5月13日土曜日】

▶Fujiko Home Coming “D-BOP”Live!

OPEN 17:30 STAGE 18:00〜

LC:2,500円(別途drinkオーダー)

 

出 演 吉田冨士子with

クロワッサン

酎ハイセット

Heart to Grace

 

Guest  風間ヤスヒロ


【2017年5月14日日曜日】

▶即興音楽ユニット「ちのはて」+Chiharu MK live and session

[即興音楽・前衛音楽・AMBIENT]

Open 18:30 Start 19:00

LC:¥2000 学割¥1000(飲食代別)

 

ACT

▽ちのはて

西村伸雄(trumpet, keyboard harmonica, 他)

桑島はづき(theremin他)

Chiharu MK(electronics)

 

▽2nd setはセッションの予定です。一緒に即興演奏して楽しみましょう!


【2017年5月17日水曜日】

▶︎MFA Records Presents「NOLA Revisit」 CD 発売記念ライブ

▽Nori Naraoka/マック福田 Special New Orleans Funk Unit

Open 19:00 Start 20:00~2stage 

LC:予約¥3,000-/当日¥3,500-/学割特別料金¥1,500-(各Drink別)

member:

nori naraoka(bass)

マック福田(g)

Special Guest

馬場智章(ts) from New York

安斉亨(pf)

藤田圭一郎(bass)

かわいそーへい(dr)

SFO-Horns
The Sapporo Funk Organizaition

松浦宏治(ts,bs)

河合修吾(tb)

Naoya Rosso(tp)

-

▽NY在住のBassist / Producerで新進気鋭のemerging artist、ノリ ナラオカがプロデュースしたアルバムの発売記念ライブ!ネビル・ブラザーズとアーロン・ネビル(グラミー受賞アーティスト)のギタープレイヤーとして全米、ヨーロッパを始めとする世界ツアーに参加し、カルロス・サンタナ、B・Bキング、エルトン・ジョン、Dr.ジョン等と共演、アポロ・シアターやモントルー・ジャズ・フェスティバル出演など豊富な演奏経験をもつマック福田とのスペシャルバンド。さらに、テレビ朝日"報道ステーション"のテーマ曲を自身も所属するバンド " J Squad "で手掛け、同年11月に UNIVERSAL MUSIC JAPANよりアルバム”J-Squad ”をリリースしたNew Yorkを拠点に活躍するサックス奏者、馬場智明をスペシャルゲストに迎え、札幌の実力派ミュージシャンとコラボするスペシャルバンド!New Orleansファンクの醍醐味でもあるホーンセクションは札幌を代表するファンクバンドThe Sapporo Funk Organizaitionホーンズが参加!絶対に聞き逃せない一夜限りのスペシャル企画です!ぜひお待ちしております。

 

▽ プロモーションVIDEO

https://www.amazon.co.jp/NOLA-REVISITED-ORLEANS-FUNK-ALL-STARS/dp/B01N5G2T9L/ref=ntt_mus_ep_dpi_1

-

▽Nori Naraoka(奈良岡典篤)ベーシスト、プロデューサー。

北海道札幌市生まれ。2000年からニューオリンズで音楽活動を始める。以来ニュー

オリンズとニューヨークを行き来し、アメリカ国内外、日本、ジャンルを問わず活動中。

ニューヨーク、ブルックリンにあるプライベートスタジオではプロデューサーとして数々

のプロジェクトに参加中。

主な共演者に、Allen Toussaint, Nicholas Payton, Irvin Mayfield, George Clinton,

Zigaboo Modeliste, Leo Nocentelli, Vernon Reid, Damian Kulash, Ivan Neville,Terrence Blanchard, Kaoru Watanabe, Stanton Moore, 増尾好秋, The Wild Magnolias, Oz Noy,DJ Logic, Marlon Jordan, Eric Krasno, 山岸潤史, Jon Batiste, Page McConnell, Marco Benevento, Russell Batiste Jr., Christian Scott, Donald Harrison Jr., ジェロ, Delfeayo Marsalis,Jason Marsalis, Trombone Shorty, Papa Grows Funk, Adam Deitch, Kermit Ruffins, Big Sam’s Funky Nation, Nicole Atkins, Fred Wesley, Bonerama, Kishi-Bashi, akiko, Playing for Changeなど。

2005年にグラミー賞を受賞したグループ、Playing for Change playingforchange.com

に参加し、[Cotton Field]を収録、現在大和証券グループ daiwatv.jp のテレビCMで上映中。2015年7月末に日本でもリリースされるプロジェクト、[The NYC Improv Project/Melting Point]はニューヨークのプライベートスタジオでエンジニア/ミキシング、ベーシスト、プロデューサーで参加。

参加メンバーはJazzmeia Horn, Chaance Barnes, Tak Iwasaki, Maurice Brown, Jaleel Shaw, JpnathanGreenstein, Daisuke Abe, Nir Felder, Ben Patterson, Victor Gould, Sullivan Fortner, MarkGuiliana, Jamison Ross, Darrian Douglas, Joe Dyson, Keita Ogawa.

-

▽マック福田 Guitar

大学在学中、潮崎郁夫氏に師事しジャズギターおよびジャズ音楽理論を学ぶ。同期に他のアーティストのサポート(主にタレントのコンサートツアー)をはじめる。後、チョコレート・リップス(ライオネル・リッチのサポートメンバー,ジミー・ウエイバーから成るRCAレコードの和製ブラックコンテンポラリーバンド)のレコーディングに参加。

以後、多数のスタジオセッション、アーティストサポートを行。1998年渡米、ニューオーリーンズを活動拠点とする。多くの地元ゴスペル教会を中心に演奏活動を行った後、

ファンキー・ミーターズのドラマー、ラッセル・バティステに見出され彼のバンドのギタープレイヤーになる。この時期から多くのニューオーリーンズアーティスト達、ワイルド・マグノリアス、カーミット・ラフィン、

リバース・ブラス・バンド、ジョージ・ポーターJr.他などとも演奏をはじめる。

2005年よりネビル・ブラザーズとアーロン・ネビル(グラミー受賞アーティスト)のギタープレイヤーとして全米、ヨーロッパを始めとする世界ツアーに参加する。その間カルロス・サンタナ、B.Bキング、エルトン・ジョン、Dr.ジョン等と共演、アポロ・シアターやモントルー・ジャズ・フェスティバル出演など豊富な演奏経験をもつ。2012年、5月にアーロンネビルの日本ツアーにて帰国。東京、大阪ビルボードにて公演。

-

▽馬場智章 TenorSax

1992年北海道札幌市生まれ。 

ミュージシャン / サックス奏者 / 作曲家 / アートディレクター

2000 年より発足した 札幌ジュニアジャズスクール に 2000〜2009 年まで在籍し、日豪文化交流プロジェクトで世界的なコンサート ホールであるシドニー•オペラハウスや、横浜ジャズプロムナード等で演奏。2005 年タイガー大越氏により開催されたバークリー音楽院タイアップの北海 道グルーブキャンプを受講し、最年少で『バークリーアワード賞』を受賞、ボス トン、バークリー音楽院サマープログラムに 2007〜2009 年奨学生として参加。2010 年 Terri Lyne Carrington (ds) が指揮する Berklee summer Jazz workshop のメンバーに選抜され奨学生として参加。2011 年、バークリー音楽院に全額奨学生として入学以来、Tiger Okoshi (tp), Terri Lyne Carrington (ds), Dayna Stephens(sax), Terrence Blanchard (tp) と共演,Next Generation Jazz Festival, Newport Jazz Festival をはじめとする多くのステージで演奏する。また在学中に バークリー音楽院より3度にわたり優秀賞受賞。

日本国内では2013年南郷ジャズフェスティバル出演、2014 年 Sapporo City Jazz Music Tent Live にて『TOKU&小沼ようすけ』、『Fried Pride with Gast Walzing』にゲスト出演、2015 年 8月に TOKU“Dear Mr. Sinatora”のツアーに参加。

2016年 4月よりリニューアル放送を開始したテレビ朝日"報道ステーション"のテーマ曲を自身も所属するバンド " J Squad "で手掛け、同年11月に UNIVERSAL MUSIC JAPANよりアルバム”J-Squad ”をリリース。

2016年2月より拠点をニューヨークに移しライブ活動を行いながら、音楽と多ジャンルのアートシーンとのコラボレーションプロジェクトのプロデューサーとしても活動中。

オンラインアートマガジン”Metropolitan Society” ではファッションブランドEngineered Garments のスタイリングブックの作成や自身のプロジェクト”Lonely Traveler” でモデル/スタイリストを務めるなど活動は多岐にわたる。


【2017年5月18日木曜日】

★D-Bop JAM SESSION[JAZZ]

19:00~00:00

Jam Session

あなたも本格的なライブステージでジャムセッションしてみませんか?誰でも参加OKです。Vocalや上物の方は譜面を要して頂ければJAZZでなくても邦洋問わず何でもOK!楽しくセッションしましょう。

 

▽セッションホスト

金野俊秀 Electricbass/Contrabass

札幌で大活躍のベーシスト金野俊秀がセッションLEADER。誰でも参加OKです。楽しくセッションしましょう!

 

▽Play・見学¥1,000-(学生無料)要Drinkオーダー


【2017年5月19日金曜日】

★川手博史ボーカルSession

川手博史(G)trio+vocalセッション

 

歌う人も聞く人も楽しめるボーカルSessionです。

Jazz ボーカルで素敵な夜を。

▶ボーカル参加者大募集!歌いたい人大歓迎!

 

参加・見学¥1,500- 要DrinkOrder


【2017年05月21日日曜日】

★Toshi山本の王道ジャムセッション!

19:00~Start

Session Leader

山本敏嗣(g) 豊田‘ボブ’健(b)

参加・見学 ¥1,200 要Order

 

▽たぶん北海道で行われているアコースティックジャズ、いわゆるビバップ、ハードバップなどのジャズセッションの中では一番勉強になるセッションだと思います。

 

本気でJAZZを学びたい方、本気で熱いジャムセッションしたい方、ジャズが好きで好きでたまらない方、ぜひいらしてください。

初心者でもやる気があれば大丈夫です!どーぞお気軽に!

 



DUO & TRIO NEW YORK at D-Bop 3 Days!

【2017年5月22日月曜日】

デービッド・バークマン (Piano)

ハービーS (Bass)

▶︎DUO NEW YORK meets MIZUHO 

Open 19:30 Start 20:00~2stage 

LC:¥3,500-(Drink別)

出演;

MIZUHO (Vocal)

デービッド・バークマン (Piano)

ハービーS (Bass)

司会・ゲスト 笹島明夫


DUO & TRIO NEW YORK at D-Bop 3 Days!

【2017年5月23日火曜日】

ジーン・ジャクソン (Ds)

デービッド・バークマン (Piano)

ハービーS (Bass)

▶︎TRIO NEW YORK meets Young & Women Jazz Musicians in Sapporo

札幌で将来を期待される若手ミュージシャン、女性ミュージシャンとTRIO NEW YORKのセッション 最後は大ジャムセッション!

Open 19:30 Start 20:00~2stage 

LC:¥3,500-(学割¥2,500-各Drink別)

出演:

ジーン・ジャクソン (Ds)

デービッド・バークマン (Piano)

ハービーS (Bass)

 

寺久保伶矢(Trumpet)

板橋夏美(Trombone)

治田七海(Trombone)

平田晃一(Guitar)

木村ゆう(Piano)

伊藤未央(Bass)

青木楓(Dr)
高橋直希(Dr)

司会・笹島明夫


DUO & TRIO NEW YORK at D-Bop 3 Days!

【2017年5月24日水曜日】

ジーン・ジャクソン (Ds)

デービッド・バークマン (Piano)

ハービーS (Bass)

▶︎AKIO SASAJIMA with TRIO NEW YORK

札幌では滅多に聞けない強力なカルテットです!スタンダード、オリジル、ビートルズなどを超スインギーにお送りします!

Open 19:30 Start 20:00~2stage

LC:¥4,000-(Drink別)

 出演:笹島明夫(Guitar)

ジーン・ジャクソン (Ds)

デービッド・バークマン (Piano)

ハービーS (Bass)

-

▽笹島明夫 Guitar

北海道出身。17歳で初めてギターを手にしフォークソング、ベンチャーズなどを弾き始めるが18歳の時にボサノバに魅せられた後、WesMontgomeryを聴いてジャズに夢中になる。20代前半に札幌のジャズ喫茶などで演奏活動を始め、コンサートで来道した渡辺貞夫氏と共演する機会を持ち、氏の勧めで75年に上京。1年間東京のPit Innを始めとするジャズクラブで植松孝夫などのグループで演奏活動をする。

77渡米、シカゴに居を構える。79年に第1回のシカゴジャズフェスティバルに出演して実力を認められる。88年、Joe Hendersonをゲストに初リーダーアルバムAkio with Joe Hendersonをリリース(Muse)世界的に評価を受ける。その後シカゴでブラジリアンジャズグループSomBrasil、ピアニスト/ボーカリストJudy Roberts など数多くのグループに参加しレコーディングも残している。

06年には同M& IよりRon Carter との再会セッション、Two For The Museをリリース、スイングジャーナルなどの専門誌ばかりでなく、クラシック評論家の黒田恭一氏などからも「親密にして味わい深い二重奏」などの高い評価を受ける。

-

▽ジーン・ジャクソン Drums

ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。ドラマーになるべく、1979年にボストンのバークリー音楽大学へ進学。Jeff "Tain" WattsとLenora Helmの推薦で、Kevin Eubanksのバンドに参加。1987年にNew Yorkへ移り、Kevinとの共演も続けながらプロドラマーとしてのキャリアを積み重ねていく。1988年ごろから自己の活動を開始し、ジャズフェスティバル、ツアー、レコーディング等、数多くのプロジェクトに携わる。

1991年からはTerri Lynne Carringtonの推薦で"Herbie Hancock & Wayne Shorter Quartet"に参加、1993年から2000年までHerbie Hancock Trio, Quartetに在籍し、世界中をツアー(1995〜1998にはDave Hollandが参加)。

また、演奏活動の他New Yorkの「クイーンズ・カレッジ・アーロン・コープランド・スクール・オブ・ミュージック」や、各国でのクリニックやワークショップ等で指導にも力を注いでいる。近年では度々日本を訪れ、つのだひろ氏と親交を深めWild Music School "Summer Drum School"でのワークショップにも参加。たいへん親日家で、日本全国に於いても多くのファンを獲得している。

 

https://youtu.be/98eToH1VF1o

-

▽デービッド・バークマン Piano

デビューアルバム『Handmade』(12曲中11曲がオリジナル)はモダンジャズでありながら、しかもトラディショナルなジャズともしっかりと結びついた独特なサウンドと評価される。スウィング感とインプロヴィゼーション、メロディ、リズムに特微づけられ、独特の"ひねり"を持ち合わせている。

バークリー音楽学校とミシガン大学で学んだ後、故郷クリーヴランドでミュージシャンとしての経験を積んだ。

1985年にニューヨークに移りジャズシーンにおけるかけがえのないミュージシャンとして活躍している。セシルマクビー、トムハレル、またヴィレッジヴァンガードオーケストラのピアニストとしても演奏を続けてきた。他にもスコットウェンドホルト、ェリオットジグモンド、ウッディハーマンオーケストラ、ジョーロヴァノ、ビリーハート、レイドラモンド、マットウイルソン、ビリーデュース、と共演者の名は後を絶だない。

パルメットレコードでの2枚目のCD『Communication Theory』は、CMJ jazz chart(ラジオ)でNO.1を記録。

リーダーとして、アメリカやヨーロッパを舞台に幅広く活躍している。最近では、The Wichita Jazz Festival、The Blue Note(NYC)やシカゴ、ボストン、サンフランシスコで行われたコンサートやクラブ演奏などがある。ジャズの教育者としてアムステルダム音楽大学、マサチューセッツ大学、西イリノイ大学、ウイスコンシン大学、アイオワ州立大学、インデァナ大学その他多くの大学で教え、また演奏を行っている。サイドマンとしても、ヴォーカリストのJane Monheit、Rene Marie、ベーシスト/リーダーのCeciI MCBeeらとともに共演し、また、JoeI Frahm(彼のセカンドアルバム『The Navigator』が今年8月にリリースされた)、Dick oatts、Scott Wendholtその他多くの人々と、数々のレコーディングを行っている。彼は定期的に、世界で最も素晴らしいジャズミュージシャン達とともに演奏している。JAZZIZ(1999年3月号)デイヴィッドバークマンのCD『Handmade』が1998年リリースアルバムのトップ10に選ぱれました。JazzTimes(1999年3月号)デイヴィッド・バークマンのCD『Handmade』はハービーハンコックらとならんで1998年のトップ5に選ばれました。

https://youtu.be/u15BuAwiSt0

-

▽ハービー・S Bass

1970年代にドイツのENJAやECMでリーダーアルバムを残し、耽美的なユーロ・ジャズからマイケル・ブレッカー・バンド、マンハッタン・トランスファーまで30年以上ファースト・コールとして君臨するベーシスト、ハービー・S(シュワルツ)。シーラ・ジョーダン、スティーブ・キューン、デビッド・サンボーンらとも共演。いまやベースの重鎮の名をほしいままにしている。

 

https://youtu.be/rHFwzoS4uHY


【2017年5月25日木曜日】

★D-Bop JAM SESSION[JAZZ]

19:00~00:00

Jam Session

あなたも本格的なライブステージでジャムセッションしてみませんか?誰でも参加OKです。Vocalや上物の方は譜面を要して頂ければJAZZでなくても邦洋問わず何でもOK!楽しくセッションしましょう。

 

▽セッションホスト

金野俊秀 Electricbass/Contrabass

札幌で大活躍のベーシスト金野俊秀がセッションLEADER。誰でも参加OKです。楽しくセッションしましょう!

 

▽Play・見学¥1,000-(学生無料)要Drinkオーダー


【2017年5月26日金曜日】

▶︎No Funk No Life!

Sapporo-Tokyo Funk Connection!vol.2

 

Open 19:00 START 20:00

1.SFO stage 20:00〜21:00

2.BackBone stage 21:15〜22:15

 

<一般> 予約¥3,000 (当日¥3,500)

<学割> 予約¥2,000 (当日¥2,500)

 

出演:

▽「The Sapporo Funk Organization」

〜札幌代表するファンクユニット‼︎〜

松浦 宏治 ts

河合修吾 tb

Naoya Rosso tp

川畑統正 g

鷲見健 pf key

青木努 b

岸林大輔 dr

 

▽「Back Bone」

〜5トロンボーンによる5オクターブにわたるFunk&Soul〜

加藤Billy真弘(tb/arr.) From Tokyo

熊丸久徳(dr) From Tokyo

山縣真梨子(tb/vo) 

河合修吾(tb)

板橋夏美(tb)

菅原昇司(Btb)

板谷大(p)

川畑統正(g)

豊田健(b)


【2017年5月27日土曜日】
AMP Trio 日本初公演 LIVE at “D-BOP”[Acoustic Jazz Trio]
バンド名:AMP Trio (アンプ・トリオ)
オープン時間 19:00
スタート時間 20:00
ライブ料金:¥2000 要別途ORDER
-
Member: 
Addison Frei(アディソン・フライ)piano 
Matt Young(マット・ヤング)drums 
Perrin Grace(ペリン・グレイス)bass
-
▽AMP Trio (アンプ・トリオ)
2012年に結成して5年目になるAMP Trioは、ニューヨークを拠点に精力的に活動中。
今年3枚目のフルアルバム「Three」をリリース。アメリカ・カナダ各地のジャズクラブで公演を行っており、様々なジャズフェスに参加。ジャズの最先端・ニューヨークで鍛えられた若きジャズメンのフレッシュなサウンドをお聴き下さい! 
www.amptrio.com
オリジナルソング "Riding Periphery" 
https://www.youtube.com/watch…


【2017年5月28日日曜日】

▶︎ "D-BOP"BLUES JAM SESSION(Blues)

毎月最終日曜日19:00~00:00

D-Bop Blues Session 開催!

毎月一度の本格派ブルースセッションデー!DELTA BLUESからシカゴBLUESまでオールジャンルOK!お一人でもお気軽に!

 

参加・観賞¥1,000-要Drinkオーダー


【2017年5月29日月曜日】

▶Musician's Workshop!vol.18

参加・見学:一般¥2000/学生¥1000

(各要別途オーダー)

19:00スタート

 

圭一郎・そーへいの“リズム ワークショップ!”が、内容をもっともっと掘り下げてリズムセクションだけではなく、Vocal、ホーンなど問わずにリズムを追及していこうという趣旨から改名!

 

講師:

藤田圭一郎(b)

かわいそーへい(dr)

 

▽2017' SCHEDULE

Vol.18 2017.05.29 月曜

vol.19 2017.06.26 月曜

Vol.20 2017.07.24 月曜

Vol.21 2017.08.28 月曜

Vol.22 2017.09.25 月曜

Vol.23 2017.10.30 月曜

Vol.24 2017.11.27 月曜

Vol.25 2017.12.18 月曜


【2017年5月30日火曜日】

▶Organ Soul Jazz Band “D-BOP's”vol.12

Open 19:30 Start 20:00~2Stage

LC:¥2,000-(Drink別)

 

▽Organ JAZZ、Soul JAZZに特化したグルービーなサウンドをお届けします!Blackテイスト溢れるレアグルーブJazzやOrgan、TenorSaxのコテコテJAZZが好きな人は是非!

 

【お得なポイントカード発行中】

ディーバップスのLIVEは、3回通うとライブが1回無料になるポイントカード制です!

 

Member:

松浦 宏治(Tenor & Baritone Sax)

島野桂周(Guitar)

中島ほづみ(Organ)

黒田佳広(Conga)

岸林大輔(Drums)


【2017年5月31日水曜日】

▶Wednesdays[Jazz,Pops Vocal]

Open 19:00 Start 20:00~2stage

LC:¥2,000-(Drink別)

 

Member:

藤田実季子(vo)

中澤一起(gt)

金野俊秀(ba)


【2017年6月1日木曜日】

▶D-BOP”JAM SESSION[JAZZ]

毎週木曜日19:00~00:00

▽Play・見学¥1,000-(学生無料 学生証要)要Drinkオーダー

 

▽セッションleader

下村遼太郎 (b.g,dr)

LEADERは医大JAZZ研の下村さんです。ビバップからコンテンポラリーJAZZまで楽しくジャムセッションしましょう!


【2017年6月3日土曜日】

▶︎標津-中標津-札幌 交流ライブ

Open 19:30 Start 20:00~2Stage

LC:¥2,000-(Drink別)

 

member:

酒本廣継(trombone)

長沼発(guitar)

小柳光悦(bass-中標津)

白土能之(drums-標津)

 


【2017年6月4日日曜日】

▶《山野友佳子(東京)×早川絵里可×金野俊秀 Acorstic Trio Live》

open19:30 start20:00(2stages)

¥2000(要drink order)

 

Member

山野友佳子(pf) from 東京

早川絵里可(vo)

金野俊秀(ba)

 


【2017年6月8日木曜日】

★D-Bop JAM SESSION[JAZZ]

19:00~00:00

Jam Session

あなたも本格的なライブステージでジャムセッションしてみませんか?誰でも参加OKです。Vocalや上物の方は譜面を要して頂ければJAZZでなくても邦洋問わず何でもOK!楽しくセッションしましょう。

 

▽セッションホスト

金野俊秀 Electricbass/Contrabass

札幌で大活躍のベーシスト金野俊秀がセッションLEADER。誰でも参加OKです。楽しくセッションしましょう!

 

▽Play・見学¥1,000-(学生無料)要Drinkオーダー


【2016年6月9日金曜日】

▶︎奥野義典のサックスWorkshop!vol.8

19:00スタート!

受講料金:

一般受講・聴講¥2,000(要order)

学生 ¥1,000-(要order)

 

▽セッションの定番曲を徹底解説!メジャー、マイナーのツーファイブワンなどを実践で体験して行きます。お好きなJAZZスタンダードをマイナスワンで演奏。奥野先生からのアドバイスや一緒にステージで共演してスキルアップ!

ベテランの方も再確認できるジャズニュアンスアーテキュレション、ブレス位置によるフレーズの安定化など!為になるワークショップです!

 

▽ブラスワークスさんの無料サックス点検、リード職人さんのダメリード復活など特典も盛り沢山!北海道屈指のサックスプレーヤー奥野義典が北海道のサックス大好きプレーヤーに送る体験型研究集会!毎回テーマを決めて確実に上達していくためのワークショップです。初心者大歓迎ヽ(^o^)丿

 

講師 奥野義典SAX

協賛 ブラスワークス

 


【2017年6月10日土曜日】

▶多田信吾トリオ[Jazz]

OPEN19:00 START19:30

LC:¥2,000-(+要Order)

学割1,500-

 

Member:

多田信吾(b)

木村ゆう(pf)

館山健二(dr)


【2017年6月11日日曜日】

★Sunday“D-BOP”Jam!vol.34

▽19:00~Start

▽参加・見学¥1,200- 要Order

 

▽Session Leader 泉功一郎(g)

▽Session Host 未定(b)

プロの方からアマチュアの方までどなたでもご参加いただけるたのしいJAZZセッション!お気軽にご参加くださいませ。

 


【2017年6月13日火曜日】

▶“Vital Trial”[FUSION]

open19:30 start20:00(2stage)

¥2000(+要Order)

 

Member

蛇池雅人(as)

本山禎朗(pf)

金野俊秀(ba)

佐藤裕一(dr)


【2017年6月14日水曜日】

 ★ "D-BOP"FUNKセッションvol.29[FUNK]

本格派FUNKセッションは北海道唯一ここだけ!毎月第2水曜日はFUNKセッション!

Open19:00〜00:00

参加・見学者・オーディエンス同額 ¥1,000-(学生無料)※要Order

セッションホストはファンクマスター藤田圭一郎(b)!ファンク好きの皆さんお待ちしてまーす!

 

JAZZ FUNK!SOULJAZZ!

FUNK!FUNK!FUNK!

SOUL!SOUL!SOUL!


【2017年6月15日木曜日】
神戸からベテランサックスプレーヤーの河田健さんがやってきます!“D-BOP”初登場!

▶︎河田健Quartet[Jazz]

Open 19:30 Start 20:00

LC:¥2,500-(要order)

学割2,000-

 

member

河田健 alto sax from Amagasaki

板谷大 piano

柳真也 bass

舘山健二 drums

【2017年6月16日金曜日】
★川手博史ボーカルSession

川手博史(G)trio+vocalセッション

 

歌う人も聞く人も楽しめるボーカルSessionです。Jazz ボーカルで素敵な夜を。ボーカル参加者大募集!プロのJAZZトリオをバックに是非歌ってみましょう!
ベテランの方から初心者の方も大歓迎!
お気軽に歌えますよ(^_-)-☆

 

参加・見学¥1,500- 要DrinkOrder


【2017年6月17日土曜日】

▶︎常松将行 Trio

~スウィングで奏でる日本音楽~

 

18:30 開場/19:00 開演

¥2,000(予約)¥2,500(当日)

※要オーダー

 

member;

常松将行:ドラムス

小野健悟:サックス

金野俊秀:ベース


【2017年6月18日日曜日】

▶︎昼の部

『Organ Combo Live〜double~』

二組のデュオによるオルガンジャズライブ

2017.6.18(sat)

open 13:00

start 13:30

Live Fee ¥2500(要Order)

 

・Hozumi & Toshikazu Orihara

中島ほづみ(Org)

折原寿一  (Gt)

・duorgans

優季   (Org)

米田直子 (Org)  


▶夜の部

【2017年6月18日日曜日】

★Toshi山本のスペシャル王道ジャムセッション「サックス奏者・河田健さんを迎えて」

Open 18:00 Start 18:30〜

河田健 alto sax from Amagasaki

山本敏嗣(g) 

豊田‘ボブ’健(b)

参加・見学 ¥2,500- 要Order※セッション込

▽河田健 SAXクリニック 

  18:30〜

▽河田健 JAZZ LIVE

  20:00〜

  河田健 alto sax from Amagasaki

  山本敏嗣(g) 

  豊田‘ボブ’健(b)

▽スペシャル王道セッションwith河田健

   21:00〜

 

セッションのみ参加の方は¥1,200-のみです!奮ってご参加お待ちしております(*´∀`)♪


【Tuesday, 20th June 2017】

▶ "Ben Jansson Quartet"

- New CD release LIVE party

Open 19: 30 Start 20: 00 ~ 2Stage

LC: General ¥ 2,000 - (+ Order) / Student ¥ 1,000 - (+ Order)

 

Member

Ben Jansson-sax

Yanagi Masaya-bass

Tatsuru Naganuma-guitar

Hiroki Itou-drums


【2017年6月21日水曜日】

▶ジョニー黒田とデキシープリンス

Open 18:30

Start 19:00

Charge ¥2,000(要オーダー)

 

Members

Dr ジョニー黒田

Tp 阿部裕一

Tb 酒本廣継

Cl 舛田敏英

Bjo 滝川裕三

B  豊田健


【2017年6月22日木曜日】

▶D-BOP”JAM SESSION[JAZZ]

毎週木曜日19:00~00:00

▽Play・見学¥1,000-(学生無料 学生証要)要Drinkオーダー

 

▽セッションleader

下村遼太郎 (b.g,dr)

LEADERは医大JAZZ研の下村さんです。ビバップからコンテンポラリーJAZZまで楽しくジャムセッションしましょう!


【2017年6月23日金曜日】

▶super-sqd @“D-BOP”[Contemporary Jazz]

Open19:00 Start20:00

¥1600(要オーダー)

 

Member

須田祐之サックス 

安念和哉ピアノ 

佐藤俊彦ドラム 

大久保太郎ベース


【2017年6月24日土曜日】[JAZZ]

札幌フリーJAZZ最前線vol.5[FreeJazz]

OPEN18:30 START19:00

LC:¥1,500(要ORDER)

 

出演者募集中!

詳細後日発表


【2017年6月25日日曜日】
▶︎ "D-BOP"BLUES JAM SESSION[Blues]

毎月最終日曜日19:00~00:00

D-Bop Blues Session 開催!

毎月一度の本格派ブルースセッションデー!DELTA BLUESからシカゴBLUESまでオールジャンルOK!お一人でもお気軽に!

 

参加・観賞¥1,000-要Drinkオーダー


【2017年6月26日月曜日】

▶Musician's Workshop!vol.19

参加・見学:一般¥2000/学生¥1000

(各要別途オーダー)

19:00スタート

 

圭一郎・そーへいの“リズム ワークショップ!”が、内容をもっともっと掘り下げてリズムセクションだけではなく、Vocal、ホーンなど問わずにリズムを追及していこうという趣旨から改名!

 

講師:

藤田圭一郎(b)

かわいそーへい(dr)

 

▽2017' SCHEDULE

vol.19 2017.06.26 月曜

Vol.20 2017.07.24 月曜

Vol.21 2017.08.28 月曜

Vol.22 2017.09.25 月曜

Vol.23 2017.10.30 月曜

Vol.24 2017.11.27 月曜

Vol.25 2017.12.18 月曜


【2017年6月27日火曜日】

▶Organ Soul Jazz Band “D-BOP's”vol.13

Open 19:30 Start 20:00~2Stage

LC:¥2,000-(Drink別)

 

▽Organ JAZZ、Soul JAZZに特化したグルービーなサウンドをお届けします!Blackテイスト溢れるレアグルーブJazzやOrgan、TenorSaxのコテコテJAZZが好きな人は是非!

 

【お得なポイントカード発行中】

ディーバップスのLIVEは、3回通うとライブが1回無料になるポイントカード制です!

 

Member:

松浦 宏治(Tenor & Baritone Sax)

島野桂周(Guitar)

中島ほづみ(Organ)

黒田佳広(Conga)

岸林大輔(Drums)

※フライヤーの日付が異なっています!6/27火曜ですm(__)m


【2017年6月29日木曜日】

★D-Bop JAM SESSION[JAZZ]

19:00~00:00

Jam Session

あなたも本格的なライブステージでジャムセッションしてみませんか?誰でも参加OKです。Vocalや上物の方は譜面を要して頂ければJAZZでなくても邦洋問わず何でもOK!楽しくセッションしましょう。

 

▽セッションホスト

金野俊秀 Electricbass/Contrabass

札幌で大活躍のベーシスト金野俊秀がセッションLEADER。誰でも参加OKです。楽しくセッションしましょう!

 

▽Play・見学¥1,000-(学生無料)要Drinkオーダー


【2017年6月30日金曜日】

▶︎トラベローグツインフルートライブ

開場:19時30分/開演:20時00

LIVEチャージ:

当日2500/予約2000

※別途orderが必要です。

 

「トラベローグ」

按田佳央理:フルート

浅井良子 :フルート

花田進太郎:ギター 

常松将行 :パーカッション

 


LIVE&BAR“D-BOP”のOwnerが率いる大人気のインストジャズファンクバンド“The Sapporo Funk Organization”!
ホームページはこちら




札幌でJAZZライブ・セッションのお店をお探しの方!!!!初心者大歓迎!安心の“D-BOP”ディーバップへ!


沢山の皆様から、最近は「札幌でカッコいいジャズクラブと言えば“D-BOP”!」、「カッコいいJAZZライブを聞くなら“D-BOP”!」と仰っていただきとても嬉しく思っております。
平成28年の一年間で、『“250回”ものLIVEとセッション』を開催させて頂く事が出来ました。連日、素晴らしいミュージシャンの皆様に出演して頂き、音楽関係者、ご縁を頂いた多数の関係者もハコ自体のサウンドの鳴りかたもお褒め頂いております。ご来場のお客様もみなさまとても良くして頂いていることにこの場をお借りして深く感謝を申し上げます。“D-BOP”は益々熱くLIVE & SESSION。3年目にして札幌のJAZZライブは“D-BOP”と言って頂ける方がたくさん増えました。

札幌の皆様だけではなく、「出張や旅行で札幌きたけど、どこかでセッションやJAZZ LIVEはやっていないかな。」と“D-BOP”を探して来てくれるお客様も増えてきました。みなさまお気軽にご来店いただき、リーズナブルでとてもよかったと好評いただいています!今日はセッション、ジャズLIVEはないかなとお探しの方!お気軽に“D-BOP”(ディーバッブ)へ遊びにいらしてくださいませ~(^_-)-☆

▽セッション・LIVEスケジュールカレンダーはこちらから

▽アクセス地図はこちらから
地下鉄東西線西18丁目駅[1番出口(札幌市夜間救急・札幌市医師会)]から出て徒歩3分程度です。市内中心部地下鉄大通駅から2駅。5分です。ススキノからは乗り換え込み3駅。10分程 度です。(タクシーでも2-3区間1,000円位)


“D-BOP”ジャズクラブからのお知らせ!

【お客様と演者さんに朗報】
“D-BOP”ディーバップの男子TOILET、女子TOILETともにリニューアルしました!
広くて綺麗なtoiletは演者さんの着替えにも十分!お化粧直しも清潔できれいなトイレでゆっくりできます。男子toiletの方が少し広いですが、どちらも個室は2室あります。当然ウォシュレット完備!。
“D-BOP”のトイレはアルコール消毒も付いて衛生的です。


ライブがない日は…
― 映画やテレビとは違うホンモノの探偵BAR ―

BARのマスターは、あるときはサックスプレーヤーにして実は本物の探偵。深夜のBAR。ROUND MIDNIGHTが店内に流れマイルス・ディビスのミュートHornが心に響く… 美味しいお酒とJAZZ。
そして、普段は口に出せない悩みもカウンター越しだから話せる。そういう方も多くいらっしゃいました。株式会社 日本リサーチサービスは、探偵歴32年、札幌弁護士協同組合の特約店に指定されている札幌で№1探偵社。本物の探偵とカウンセラーの資格を所有するママがカウンター越しにあなたのお悩みをお聞きします。当然、その場でご依頼もOK!敏腕弁護士と共に困りごと悩み事を見事に解決します。

札幌弁護士協同組合特約店

株式会社 日本リサーチサービス
調査のお問い合わせは通話料無料のフリーダイヤル0120-480-999まで!
詳しくはwebへ
http://www.0120-480-999.com/