· 

“D-Bop”Jazz Club Sapporo10周年記念ライブ!


▶︎Vincent Herring-Eric Alexander The Batlle Tour 2024 Live At “D-Bop”Jazz Club Sapporo


2024年8月23日fri-24日sat-2Days】[Jazz Straight Ahead]

“D-Bop”Jazz Club Sapporo 10周年記念ライブ!ニューヨークよりサックスレジェンドのビンセント・ハーリングとエリックアレキサンダーが昨年に続きディーバップに登場!是非お見逃しなく!

▶︎Vincent Herring-Eric Alexander The Batlle Tour 2024 Live At “D-Bop”Jazz Club Sapporo

Memberː

Vincent Herring-alto sax

Eric Alexander-tenor sax

海野雅威-piano

安田幸司-bass

小林陽一-drums

■2024/08/23 FRI[入替制] 

① OPEN17:30/STRAT18:30  ② OPEN20:30/START21:30

■2023/08/24 SAT[入替制]

③ OPEN16:00/STRAT17:00  ④ OPEN19:00/START20:00

各ステージチケット料金:

¥8,500-(税抜¥7,728-)各要ORDER

簡単スマホ予約

https://www.d-bop.com/live-ticket-reservation/

 

 

◆◇◆━━━━━━━━━━

“D-Bop”Jazz Club Sapporo

https://www.d-bop.com

札幌市中央区南1条西19丁目291番地山晃ハイツB1F

お問合せ:☎011-613-3999

簡単スマホ予約

https://www.d-bop.com/live-ticket-reservation/


▽Eric Alexander エリック・アレキサンダー tenor sax 

インディアナ出身。1988 年にニュージャージーの大学に入学。91年のモンクコンペティションでジョシュアレッドマンに続く 2 位に入る。それ以来プロとしての頭角を表し、STEVE DAVIS, JOE FARNSWORTH, PETER WASHINGTON, HAROLD MABERN AND DAVE HAZELTINE.等と共演。日本ではビーナスレコードと契約し多くのアルバムがメジャーヒットを出し 、サイドメンでも60〜70 枚は CD に 参加している。日本にはほぼ毎年来日、ツアーを行っている。

http://www.ericalexanderjazz.com


▽Vincent Herring ビンセント・ヘイリング  alto sax

ケンタッキー出身。82 年NYに移り小林とストリートミュージシャンを経験.その後Nat Adderley, Art Blakey&JM, Harace Silver,Jack Dejohnett,Ceder Walton, Freddie Hubbard, Louis Hayes 等のバンドで活躍。キャノンボールを彷彿させながらもコルトレーン他モダンな感覚も追求している。自己のバンド”アースジャズ”や多くのバンドに席を置き世界中を飛び回っている売れっ子アルトサックスプレイヤー。日本にも多くのファンを持つ。 

http://www.vincentherring .com


▽海野雅威 piano

1980年、東京生まれ。

4歳からピアノを弾き始め、9歳でジャズピアノを始める。

東京藝大在学中の18歳からミュージシャンとして活動を始める。鈴木良雄、伊藤君子、大坂昌彦らシーンを支える多くのミュージシャンと共演し若い世代の旗手的存在であったが、さらにジャズのルーツや文化に触れる為、2008年にニューヨーク移住。ゼロから新たにスタートした新天地でもトップミュージシャンに認められ、故ジミー・コブ (ds) クリフトン・アンダーソン (tb) ウィナード・ハーパー (ds) 故ロイ・ハーグローヴ(tp) ジョン・ピザレリ (gt,vo) ジャズミーア・ホーン (vo) 等のバンドでの活動の他、自身のトリオでも演奏を行っている。

2016年10月、現代の音楽界を支える多くのミュージシャンを輩出している名門ロイ・ハーグローヴ・クインテット日本人初のレギュラーメンバーに抜擢され、ロイが亡くなるまでの2年間世界各地を回るツアーを行う。2020年9月27日、コロナ禍のニューヨークにてアジア人ということだけで襲われ、重傷を負う。

2022年3月、Verveレーベルより渾身の復帰作「Get My Mojo Back」をリリース。

https://www.tadatakaunno.com/aboutjapanese


▽小林陽一 drums

"53年秋田市生まれ。

92年NYから帰国と共に「GOOD FELLAS」を発表.SJ誌ゴールドディスクを獲得."日本ジャズ維新"のリーダーの一人として貢献する。"98年NYバードランドでのライブレコーディング。"2000年アートブレイキー、レガシーコンサートに出演。"ジャパニーズジャズメッセンジャーズ"という名前でプログラムに紹介され、コンサートのトリを務め話題を呼んだ。01年度SJ誌人気投票コンボ部門5位。08年ドラマー部門3位に入る。04年にはロンカーターを迎えCD[Monks Trio]を発表、ツアーも行った。

2014,1月NY,Smokeにてエリックアレキサンダー、ヴィンセントヘリング等とライブレコーディング。46年目を迎えたクインテットはまさに日本のジャズメッセンジャーズに相応しい存在を目指して活動中。

http://www2.odn.ne.jp/cav00070/


▽安田幸司 bass

1976 年11月 3 日生まれ。

在学中から同世代のミュージシャンとセッションを重ねるかたわら、小林陽一&グッドフェローズに引き抜かれたことをきっかけに本格的に活動を開始。その後、岡崎好朗、大坂昌彦、太田剣、河村英樹、海野雅威、等と共演を重ねる。強いビート感とサウンドを支えるプレイが好評。昨年(2009 年)は、川嶋哲郎、熊谷ヤスマサ、川崎太一朗のレコーディングに参加。そのほか現在、TOKU、石田衛、田窪寛之、田村和大、山田貴子、福井亜実、のグループ等で精力的に活動中。